デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 

かぶりものでモテたい

もうひとつのウォーターボーイズです。

現役高校生(男)から1通のメールが届いた。

突然なんですが、今月の11、12日に学校で文化祭があって、そこでかぶりものを作ろうと思うんですけど(モテたいので)、Zくんにしたらまずいですか?

モテたいからかぶりものを作る。もうこの時点で間違っているのだが、道を見失った若者は目的を達成できるのか。

むかしの自分を見るような気持ちで彼をおいました。(林 雄司


藤原(モテたい)。
事務所でサイトのことなどを説明

学校取材ってどうすればいいんだ?

メールを送った主は郊外に住む高校3年生の藤原くん(以下、藤原)。

事前にメールで打ち合わせた限りでは「(学校での取材は)大丈夫だと思います」とのことだった。

もしかして事前に先生に経緯を説明しているのかも、という淡い期待を持って行ったがやっぱり何もしてなかった。許可をもらいにとりあえず事務室に行くことに。

1) 事務の人に取材趣旨を説明
2) 担任の先生が校内放送で呼び出される
3) 担任の先生に説明
4) 担任の先生、教頭先生に確認

もう大騒ぎ。

「藤原、大丈夫だっていったじゃん」
「……………。」

取材窓口が高校生ってちょっと感じたことがない不安さだ。

「話違うじゃんかよ」(汗だく)
藤原 「えへへへへへ」

先生、走る。ほんとすいません。

藤原、動じず。


先生に説明します

林 「藤原くんが文化祭でかぶりものを出すということで、そのようすを写真に撮らせていただければと…」
先生 「クラスのか?クラスでなにやるんだっけ」
藤原 「……ダーツ」

え?ダーツ?かぶりもの関係ないじゃん

藤原 「……呼び込みで……」
先生 「あ、そうクラスで決めたんだ」
藤原 「いや、ひとりで……思いついて」

あちゃー。もうよりによって、というやつのところにきてしまったのかもしれない。

しかし先生の配慮もあり、学校名を出さないという条件で取材を認めてもらった(学校名を出すといろいろ問題があるらしい)。

林 「どうしましょう、藤原くん(先生の手前、くん付け)の名前も伏せたほうがいいですか」
先生 「いや、藤原はいいです」
林 「そうっすね」

先生は「藤原、ひとこといってくれよー」としきりに言っていた。僕もそう思う。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation