デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


はっけんの水曜日
 
ハノイの満月、楕円の花環
「はい、ではベトナム往復航空券、当選した方は……中野区の、おおつかゆきよさーん! いらっしゃいますかー!」

それは今年6月の、ベトナムフェスでの出来事だった。思い返してみると、ベトナムコーヒーを飲みながらステージをながめていた時、「……あ、当たる」という予感があった。眉毛と眉毛の間くらいの部分に、サーッと光がさすような、へんてこりんな感じがしたんだ。

正直に言うとベトナムは、「心のベストテン内・行ってみたい国ランキング」では、「今週のスポットライト」くらいの下位であった。
フリーになってからはお金がないので、旅行自体を控えていた。もしも行くならタイのバンコクとか、上海とか香港とか、バリとかハワイとか……気楽に楽しく遊べる場所に行きたかったんである。

ベトナムは、どちらかといえば気合いを入れて行く国だ。

もともと紀行文が好きなのだが、ベトナム関連本を集めて、読み返してみると、
「スリ、ひったくりに注意」「とにかくボられる」「サービスが悪い」「女の人がこわい」「腹をこわす」「だからリピーターが少ない」……とか何とか、もう悪いことしか書いてない。あとは雑貨・戦争・雑貨・戦争・グルメ・戦争・アオザイ・戦争・雑貨……。

出発の日を決めてから、プレッシャーで鬱になってしまった。アジア圏途上国へのひとり旅も初めてだったし、なにせ初・社会主義国入りだ。
「大丈夫、トラベルブルーってありますよ、行っちゃえばなんとかなりますって」
と知人に言われたが、楽しみより、恐怖のほうがぜんぜん上回っていた。

前日は眠れなかった。徹夜のまま、成田に向かう。スカイライナーでおにぎりをかじっていると、手が汗でしめってきた。

 

(text by 大塚幸代


空港で現金をUSドルに変えた。ベトナムでは、USドルと、ベトナムドンと、2つの金が使えるんだそうだ。


100均ショップで買った袋とチェーンで作った、私の安全対策。パスポートとか大事なものはおしりの内側ポケットに、使う小銭は前ポケットに、しかもチェーン付き。
被害に合うかどうかよりも前に、不安材料を減らすべく、最大に努力してみた。

行きは、ベトナム航空だった。アオザイスッチーに「おおおおおおう!」と興奮しながら、HALIDAビールを飲む。


日本食だった。フランスパンが付いてるのがベトナム風

緊張しているせいか、ちっとも酔わない。でもちょっぴり倒れそうだ。
フライトは5時間ちょい、意外と短い。そりゃアジアだもんな近いよな、そういえば入国審査でゴタついて、審査官に袖の下を要求された……なんていう紀行文があったなあ、モメたらやだなあ、とか思いながら、軍服っぽい制服がこわい、審査官の前に立つ。
……他の先進国に入るとき同様、何にもなく、あっさり入国完了。

ちなみにベトナムは「今年」から、観光で14日以下の滞在なら、ビザが要らなくなった。
旅行の三日前に行った「旅行博」というイベントでは、こんなパンフも配っていた。



『地球の歩き方』最新版には、ベトナムって観光局がなく、一応あるベトナム観光総局では、一般向けの情報を出して無いって書いてあったのだが……しかし日本語がめちゃくちゃだ。
別の資料には、今年の秋から、ハノイ市内の一部が歩行者天国になるという情報も書いてあったし、要するに「今年から観光に力入れまっせ!」ということなのかもしれない。

空港のゲートから、ビビリ腰のまま出る。
ベトナム語だらけの看板。
なにはともあれ、空港のトイレに入る。



おもいっきり日本語の自動手洗い蛇口で、ちょっと驚いた。

ガイドブックには「ハノイ市内まで、エアポートタクシーなら10ドル、乗り合いのミニバスなら2ドル」と書いてあった。
ウロウロしてると、「どこ行きたいの?」と空港警備の人に言われた。空港警備の人も、審査官と同じ、軍服っぽいデザインの服なのでこわい。
「あのう、ミニバスに……」「あ、それはあっち」

ミニバスにはだれも乗っていなかった。バスといっても、12人くらい乗れるワゴン車だ。
2ドル払って、熱い中、じっと待つ。……ぜんぜん人が乗ってこない。いっぱいになるまで発車しないらしく、1時間も待たされた。「ああ、10ドル払ってタクればよかった、いきなり失敗だあ!」と落ち込む。

周りに乗り込んだのは、全員ベトナム人であった。女の人がしきりに喉を「かーっぺっ」とやっている。「ああ、ここらへんの国って、こういう『かーっぺっ』とか失礼にならないんだっけ……欧米人がソバをすする音がイヤ、ってこんな感覚なのかしら?」と想像した。



やっと発車すると、田んぼばかりの景色が見えてきた。牛もいる。
のどかな風景の道路ぞいに、ビル5階立て分はあろうかという、でっかい看板が、どかん、どかん、とたくさん立っていた。『Fujitsu』もあった。

だんだん街っぽくなってきて……40分ほどで、市内に到着。

……といっても、知らない町の知らない場所で降ろされたわけで、「????」と思いながら、とりあえず地図を広げる。道には、通りの名前だけ、青地に白い文字の看板が出ていた。

実は100均ショップで、方位磁石のキイホルダーも買っていた。北に合わせて、身体を北に向けて、地図を見る。
まさか、山じゃあるまいし、方位磁石買ったのってシャレだったのに、めちゃくちゃ役に立ってるじゃん! ビバ磁石! と思いながら、ホアンキエム湖をめざす。
ハノイはこの「ホアンキエム湖」を中心に、街が広がっている。私が『地球の歩き方』をみて、テキトーにメールで予約を入れた宿も、ホアンキエム湖のそばにあった。


ホアンキエム湖。柵なんかはない。「落ちたら落ちた奴が悪い」という発想なのでしょう。大きさは、井の頭公園の池の2倍くらいかなあ…。

すすーっとシクロのおっさんが寄ってきた。「おまえ、どこいきたいんだ。どうだ、2万ドンで」
……まだ通貨に慣れてないので、それが高いか安いか分からなかった。というか、ビビっていたので、まず乗る気はなかった。
「ソーリー、近いし、歩いていくんでいいです」「じゃあ、5000ドンでどうだ!」
値下げが早いなー、と思いつつも、かわして歩く。

湖が見えてきて、よっしゃ! と思いながら、最初に買ったものは



アイスキャンディーだった。バナナ味で、ミルクの味が濃厚で、甘かった。

ベトナムのお宿は、バックパッカー向けのドミトリーはほとんど無いのだが、「ミニホテル」と呼ばれる、いわゆる日本でいう「ビジネスホテル」みたいなものが、ひと部屋20〜30ドルで借りられる。

私の宿は、思った以上に綺麗なホテルであった。もろ欧米風建築。
私はカタコトの英語で「あー、私、予約した、Eメールで、今日」……と言ったら、白いアオザイのフロント女性が、「アー、アー ユー ウーキヨー?」と笑顔で迎えてくれた。「ウキヨ? ……ああ、イエス、アイ アム ユキヨ オオツカ」……メールで予約する人って少ないのかしら、と思いながら、部屋に無事チェック・イン。

……しようと思ったら、カギがうまくあけられなかった。「うがあ、このテのカギは、パリの安いホテルに泊まった時も開けられなかったんだよなあ!」と思いながらフロントに戻る。

ボーイのお兄さんについてきてもらう。
「ターンレフト、 アンド、ストラグル」「ストラグル」……言われた通り、左に回しながら、ひっぱってみる。ああ、開いた。「きみはコリアンか?」「いや、ジャパニーズです」「そうすか」「いやあ、すんませんでした」「いえいえ、このカギ、開けられない人、結構いるんですよ」「あー、やっぱり」……直す気はないのか?

シャワーをあびてから、さっそくハノイの夜の街を歩いてみることにした。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation