デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


土曜ワイド工場
 
手持ちのカメラを外側だけグレードアップ
取材では当然カメラを使う。Webでの記事なら使うのはデジタルカメラ、というわけで私も、遊びに使うのよりはちょっと上の、300万画素以上のデジカメを持っている。だが・・・。

普通に風景や物を撮るならいいのだが、人物を撮ったり、由緒あるもの・いわれのあるようなものを撮るとき、「もっと大きい、高級感のあるカメラが欲しい」と思う。片手で撮れるようなカメラだと、お手軽感がどうしてもただよい、「こいつ本当にやる気あるのか?」とも思われかねない。そこで、高級機を買うにはお金もないことだし、手っ取り早く手持ちのカメラをグレードアップする方法を考えてみたのだ。

 

(text by 乙幡 啓子



手持ちのカメラ。

ああ・・・上位機種。カメラ店では売り場も別格だ。

なぜかまず紙粘土を買う。

なぜかカメラとあう手ごろな物体(ミニティッシュケース)を用意。

リコーにニコンをかぶせる

つまり、ありていに言えば「ガワを高級にする」ということだ。

高級機に10万も20万も使えない以上、今あるカメラを利用して、外側だけでも一眼レフみたいにすれば、取材を受けるほうも「こいつは取材のプロだ」と思ってくれるだろう。

さて、まずはどのカメラをモデルにするか。

Webマスター林さんは、たしかニコンのカメラだった。会議の折など、机上にそれを置いただけで周囲の眼が集中、林さんは満足げだった気がする。

それと同じか、それ以上のものを!というわけで、ニコンのD100という、15万近いカメラをリスペクトだ。

方法は・・・張子

ヨドバシカメラでパンフレットをもらい、さっそく検討だ。

この流線型、ボタン類などをどうやって表現するか。考えた当初は、プラスチック成型、いやシリコンか・・・など夢は大きかった。

夢は大きいほうがいい。ただ、「大人とは、裏切られ続けた子供の姿である」といわれるように、この年になると現実を直視して計画をたてないとならない。

軽いのが一番!失敗もしたくない。というわけで、

「はりこ」の方法で作ることに決定。

なんだか、文化祭の様相を呈してきた。季節柄ぴったりな感じもするし、懐かしいし、形の自由度もありそうだし、いいのではないだろうか。

 


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation