デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


チャレンジの日曜日
 
山手線の電車は何周するのか調べてみた。
普段の山手線、この中には、何周も回り続けているつわものがいる?
先日山手線に乗っていると目の前の女性二人がこんな事を話していた。

A「…こないだも山手線で寝ちゃって、一周しちゃったんだ」
B「えー、それって怖くない? だって山手線って終点がないから目覚めなかったら終電までぐるぐる乗っちゃってるってわけでしょ」
A「そんな事ないよ。たぶん何周か走ったら車庫に向かうんだよ、きっと」
B「ほんとにー? 何周?」
A「そんな事私が知ってるわけないでしょ」

山手線の話題はそこで途切れたものの、僕の頭の中ではその疑問が続いていた。何周するんだろう?調べてみようかな。どうやって? 実際に乗り続けるしかないな。山手線は一日中ずっと回り続けているのでしょうか? 何周するんでしょう? 調べたい欲求に駆られた僕は早起きして調べてきました。

(text by 梅田カズヒコ



山手線の電車が何周するのかを調べるためのルール。

・実際に乗ってみて調査
・基本的にどこから乗ってもいいんですが、とりあえず新宿駅を起点にする事に。
・始発に乗って調査開始
・車庫に入ったところで調査終了


深夜4時の新宿。(コマ劇場前にて)
深夜4時過ぎの新宿駅。
電光掲示板も消えている。
新宿駅のコンコース。普段は人でごった返しているのに。

さっそく新宿で山手線の始発を待つ。

新宿駅で始発を待つ。とりあえず自転車で深夜3時過ぎに新宿に出て、終夜営業をしている新宿コマ前のマクドナルドで始発の時間まで待つ事にした。

現在は新宿近辺に住む僕は、新宿で終電を逃しても頑張れば歩いて帰れるのですが、以前大阪に住んでいた頃に、夜行バスを乗り過ごしてしまって、新宿で始発を待った記憶がある。
土地勘のない場所で途方にくれてうろうろしていたら新宿コマの前のマクドナルドが終夜営業していて、東京って便利だなーと思った。

そんな思い出のマクドナルドで腹ごしらえをして、いざ新宿駅へ向かう。

深夜4時過ぎに駅に到着。
新宿駅の山手線の始発は朝4時42分。
内回り(反時計回り)のほうが早かったので、それに乗る事に決める。

それでも時間があまったので、始発前の新宿駅を少し探索する事にしました。

誰も居ない新宿駅。

JR新宿駅といえば日本屈指の、いや、世界でも指折りの巨大ターミナル駅だ。あらゆる線が乗り入れるこの駅はJR東日本によると一日平均約75万人の乗客数だという。これは島根県の総人口に匹敵します(!)。ひとつの県の人がまるまるひとつの駅に集まってるようなものなのだ。そりゃ混雑しますよね。

そんな新宿駅ですが、深夜4時過ぎに行くと、さすがに誰もいません。新宿で乗り換えるときに普段うんざりしながら歩く通路がガラガラ。人が居ない新宿駅ってすごく新鮮でした。

誰もいない新宿駅、なんだか新鮮です。
隣のホームにだんだんと人が集まってきました。

朝帰りおつかれさまです。

始発がやってくる時刻に合わせて人が集まってきました。多少疲れた表情の若者やうずくまるサラリーマンなど、終電とあまり変わらない雰囲気です。思うに朝6時ぐらいなら“さわやか組”と“どんより組”が共存する事になるんでしょうが、今はどんより組しか居ません。


そして…


ついにやってきました。今日の運命をともにする電車です。
時間通り4時42分にやってきました。ガラガラです。こんなに人の乗っていない山手線初めて見たかも。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation