デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ロマンの木曜日
 
皿を洗ってラーメン代とさせて下さい

持ち合わせがないのに中華屋さんでラーメンを食べてしまい、じゃあ仕方ない皿を洗ってもらおうか、とお店の人から言われる。そんなシチュエーションをドラマやマンガで良く見かける。実際にラーメンを食べた後に、「すみません、お金がないのでお皿を洗わせてください」と頼んでみたらどうなるのか?

やってみました。

(text by 住正徳



人情味溢れる中華屋さんを探そう

皿洗いでラーメン代を支払う事に成功するためには、人情味溢れる中華料理屋さんと巡り会わないといけない。
そうかお前お金がないのか、だったらアレだ、皿洗っていけ。みたいに口は悪いけど気は優しいご主人がいるお店。

そこで、世田谷区の三軒茶屋にやって来た。渋谷まで2駅というロケーションながら古い商店街も残っているこの場所なら、そんなお店が見つかりそうな気がする。


三軒茶屋のレトロな路地

と思ってはみたものの、人情味が溢れてるかどうかなんてパッと見で分るはずもない。
だったらパートを募集しているお店はどうだろう。人手に困っているお店ならラーメン一杯と皿洗いを交換してくそうだ。


パート募集中のお店 中華料理 Sの店内

で、早速パートを募集しているお店を見つけた。「中華料理 S」。
お店名をイニシャルにしているところを見ると、うまくいかなかった様に感じるかもしれませんが……


ホール係のおばさん2人 右手にズームイン。怒ってる?

とにかく働いている人たちがご年輩なのだ。
ホールで給仕をしているおばさん2人は大きな声でお孫さんの話をしているし、厨房で働いている人もみんなお年寄り。

あまり洒落が通じない雰囲気がむんむんと漂う中、600円のタンメンを注文した。表の貼紙には時給900円と出ていたので、1時間働かさせてもらえば逆にお釣がくる計算だ。


タンメン 600円

右のおばさんのお孫さんは「お目目がくりくりで、そりゃあもうかわいい」らしく、左のおばさんは「お正月は目医者さんは休みなのか」どうかを気にしている。

お昼時だったのでお客さんの回転は早く、テレビからはみのもんたの声が聞こえてくる。


食べ終わったけど

10分ほどでタンメンを食べ終わり、そういえば味はどうだったのか思い出せない自分に気付く。お店に入ってからずっと、タンメンを味わうのを忘れるほど緊張していたのだ。

出かける前は、いっそ財布を持たないで挑戦してみようかとも思った。その方がお願いの仕方に迫力が出るのではと考えたのだが、さすがにそれはやめておいた。
支払いの時が近づくにつれ、やめて賢明だったと思えてくる。


目が泳ぐ

食べ終わっているのにいつまでも座っている訳にもいかず、いよいよ交渉に向かわなくては。

「お金を払う代わりにお皿を洗わせて下さい」
ちゃんと言えるだろうか。


交渉中

「あのー、お金を払う代りに……」



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation