デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
3色パン探しローラー作戦

コンビニで3色パンをよく買う。美味しいものを少しづつ。チョコ+クリーム+粒あんという菓子パン界のビッグ3をいちどきに味わえる幸せ。

先日仕事先でまた食べていたら、3食パンとは懐かしいですねえ、と言われた。

え? 懐かしい? コンビニに置いてあるので気付かなかったが、そういや店のパン屋さんではあまり見かけない。世間的には今や珍しいパンなのか。

3色パンはどこへ消えた。朝から晩までシラミつぶしにパン屋を探してまわりました。

(text by 古賀 及子




国会議事堂がフィーチャーされたフリーきっぷ
乗る月と日にちをスクラッチして使う
なかなか見つからないので美味しそうなパン画像でお楽しみ下さい
新中野の鍋屋横町には気になる看板があるも、店自体も無く
せっかくのフリーきっぷなので、色々な交通手段を利用して盛り上がる

「東京フリーきっぷ」でゆく

3色パン。どこにあるんだろう。試しに調べてみると、タウンページに登録してあるパン屋、東京だけで1,467軒もあった。

…1,467軒。

「ローラー作戦」とぶちあげておいていきなり弱気だが、やはり一人では限界がある。今回は、 都区内のJR、東京メトロ、都営地下鉄、都電、都バスが丸1日乗り放題になるという「東京フリーきっぷ」でできる限りのパン屋さんをまわることにした。私鉄各線には乗れないのだが、そのあたりは山手線の外へ伸びる地下鉄でフォローしたい。

 

3色パンの謎をときたい

さて、今回、ひとつ確かめてみようと思うことがある。3色パンの味の組合せだ。

「チョコ+クリーム+粒あん」というのが個人的には3色パンの常識だろうと思っていた。が、周りに3色パンの話をするとこの組合せに異論が沸いたのだ。

「ジャムはどうした」

と。どうやら、3色パンに対して「ジャムは必須」というイメージを持っている人も多いようだ。その実際にもぜひとも迫ってみたい。12月のある日。天気にもめぐまれ、朝9時からパン屋襲撃をスタートした!

 

待ち受ける苦戦

なんだかんだ言ってもある程度は売っているだろうと思っていた3色パン。しかし待っていたのは思わぬ苦戦だった。売ってないないのだ。「そうは問屋が卸さない」とはまさにこのこと。

昔ながらの街のパン屋さんを中心に、チェーン系や通りがかればデパートやショッピングセンターに入っているパン屋もチェック。が、3色パンはなかなか出てこない。

たずねたパン屋さんでは、店頭に3色パンが並んでいなくても取り扱いがあるかないかとりあえず聞いてまわった。

「え? 3色パンですか?(なんで?)」

あんパンもクリームパンもあるのになぜ3色パンに固執するのか。お店の方に(なんで?)という表情をされるたびに自分自身で見失いそうになりながら進む。

それでも、なんとかボチボチ見つかりはじめた。
「3食パン、あるけど午後からなんですよー」
「あー、ごめんなさい。もう売り切れです」
と、ニアミスも発生。

ニアミスと言えば、形や名前にも惑わされた。「3色あんぱん」とあるので、すわ! と思うと、こしあんパン、粒あんパン、白あんパンの3つのあんパンが袋に入ってセットになっていたりする。

袋に入れるぐらいなら、くっつけなよ! それ、くっつけて1つのパンにしちゃいなよ! 心の叫びである。


こちらは5種類のミニあんパンが袋に入ったもの。もうくっつけちゃえ、くっつけちゃえ 形は近いが「北海道ミルクパン」と、全くの別コンセプト

あれ? と思われるパンも混ざっていますが、解説はこのあと!

なんとか集まりました!

基本的に3色パンは、あるとすればクリームパンの隣に並んでいることが多い。

パン屋で無駄なく確実に3色パンを探すという特殊技能を身につけつつ、徐々に夜が近づいてきた。

結局、1日かけて6個ゲットすることができた。
いよいよ次ページから足でかせいだ3色パンをじっくり見ていきましょう。

 



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation