デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


はっけんの水曜日
 
最安値中古CDを探せ!

●町田へ

今年、韓国にあるカフェ「空中キャンプ」でCDの買い付けを担当している、韓国人青年Sくんとお会いしました。
Sくんは「小沢健二大好き、せちゅな(アルバム『刹那』)最高です!(※韓国には「つ」の発音がないので……)」と語る、日本の音楽ファン。日本語はカタコトで話せて、日本と韓国を行ったり来たりして、CDを買いまくっているそうです。
そういえば彼は、「都内は中古CDは高いけど、町田のブックオフはいい、あそこは穴場」と言っていました。
本当なんだろうか……? と思って行ってみました。



確かに店舗はでかい。あの「いらっしゃいませー!」の掛け声も、違和感ないほどに、店内は混雑して活気に満ちあふれていました。なんだ、ここは。

地下1階にあるCD売り場へ。はしからはしまで、棚をながめます。
……ウッ。



アムロちゃんだけでもこんなにたくさん。

売り場面積が広いせいか、このように「いっぱい在庫をかかえてるCD」はそのまんま、何十枚も並べて陳列してありました。在庫がいっぱいあるCDは必然的に安くなるわけで……。

そしてこんなふうに、



「売れない」CDは、ばんばん値が下がっていくようです。
棚にあるアルバムは250円が最低価格、ほかに105円ワゴンがありました。

買ったものは、



『eversince』SAYAKA(02年/105円)
聖子ちゃんの娘、サヤカのデビュー曲。作曲はザ・ブリリアントグリーンの奥田俊作。いい曲だと思うんですけど、どうでしょうか。
『DRAGON』電気グルーヴ(94年/550円)
友だちに貸したまま、帰ってこないCDを買い直してしまいました。今回最高値の550円。名曲「虹」収録。
『チェッカーズBEST』チェッカーズ(91年/250円)
「涙のリクエスト」などは入っていないベスト。「NANA」「I Love you,SAYONARA」などメンバー作のシングルは収録されています。
『ROMANTIQUE96』(95年/250円)
これも人に貸したまま帰ってこないやつを買い直しました。250円だし。
『The Best of Trattoria years』BRIDGE(95年/250円)
日本のネオアコ、ブリッジのベスト盤。
『モーニング』アーチ(96年/30円)
日本のネオアコ、アーチのシングル。
『TIME GOES ON』真心ブラザーズ(95年/30円)
名曲「サマーヌード」の別ヴァージョンを含むミニアルバム。しかし30円って!
『mike alway's diary』KAHIMI KARIE(92年/30円)
カヒミ・カリィのデビューシングル。しかしやっぱり30円って!!

マキシシングル30円、というのは、やはり衝撃の値段です。ほぼ駄菓子屋感覚。

 

●約束の地、池袋へ

そういえば、池袋のサンシャイン通り周辺に、なんだか中古CD屋があったなあ……と思い出し、行ってみました。
いきなり目に飛び込んできたのは、こんな看板。


20円!?

店頭ワゴンには、レンタル落ちのCDが、ざっくざくと置いてあります。


むむ、

……ほんとに20円です。

マキシはほとんど、半年から2年ほど前にリリースされたものばかり。しかし20円て。何をどうしたらこの値段がつくのでしょうか。私がミュージシャンだったら、泣いてしまいます。

2〜10年以上前のアルバムも安値がついていました。50円〜180円。



『愛と笑いの夜』サニーデイ・サービス(97年/180円)
サニーデイの人も、この値段を見たら悲しいだろうと思います。
『tlit』KAHIMI KARIE(00年/50円)
アルバムなのにこの値段。カヒミさんも悲しいだろうと思います。
『vague』中谷美紀(97年/180円)
坂本龍一プロデュースのアルバム。教授は別に悲しまない気がします。なぜだろう。
『ラッキーチャチャチャ!』ミニモニ。(04年/50円)
アルバムがあんまりにも安いと、このマキシ50円という値段が、高く思えてしまうから不思議です。
『サウンド・オブ・ミュージック』奥田民生(04年/50円)
ジャケットにでっかく「cccd」と書いてあるシングルです。
『パレード』つじあやの(03年/50円)
ああ、つじさんも50円。
『さらら』ハナレグミ(03年/20円)
ハナレグミ、聴いたことないので聴いてみようと買ってみました。
『SUNRISE』PUFFY(03年/20円)
パフィー、最近聴いてないなーと思って買ってみました。とにかく値段は「買おう」というハードルを低くしますね。
『ルート246』深田恭子(02年/20円)
フカキョンの名曲。
『甘い日々/あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。』クレイジーケンバンド(03年/20円)
CKBも20円。
『チェッチェッコリ』ゆみ&ゆか(03年/20円)
こんなCMありましたね。あれ、去年かー。随分昔のような気持ちしますけど。
『壊れない愛が欲しいの/GET UP! ラッパー/BE ALL RIGHT!』7AIR/SALT5/11WATER(03年/20円)
これも去年ですね。ああ、やっぱりすごく遠い昔のよう。

……そして『犬は吠えるがキャラバンは進む』小沢健二(93年/180円)を、また買ってしまいました。こちらはジャケットも貸しカードも入っておりました。180円! こんなにいいものが180円! あああああ!

●ブックオフ町田中央通り店
町田市原町田4-4-8
●花子
豊島区東池袋1丁目14-13

 

●というわけで

……現在の中古CDの底辺の相場、分かっていただけたでしょうか。

音楽ソフトとどう付き合っていったらいいのか、私はまだ混乱中です。
好きなミュージシャン、すばらしい曲には、惜しみなくお金を払いたい、という気持ちは、ずっとあるのです。なんでしょう、アーティスト本人に直接逢って、お金を渡すわけにはいかないし……。

とりあえずCD本位性は完全に崩壊しました。
さあ、私はこれから、どうやって生きていけばいいのかしらん……?



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation