デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


土曜ワイド工場
 
ぬいぐるみにならなそうな物たちをぬいぐるむ

ぬいぐるみって、なんだろう。クリスマスでにぎわう街でふと考える。

子供のころ、欲しいプレゼントの定番といえばぬいぐるみだったが、ぬいぐるみに縁のなかった私は、未だにあれらをどう考えていいのかわからない。機関車のぬいぐるみと、子犬のぬいぐるみが並ぶ光景。何がぬいぐるみになりえて、何がふさわしくないのか?

この1年の自身のまとめの意味でも、企画に登場してきた無機物らをモチーフに、実地に作って検証したい。ふだんはぎゅっと抱かれない彼らに、日の目を見させてやりたい。

(text by 乙幡 啓子



ぬいぐるみを考えすぎて

子供のころクリスマスは楽しいものだった。あのツリーの電飾をじっと眺めているのが好きだった。 しかし、うまくプレゼントをねだった覚えがあまりないのもまた私のクリスマスだった。

さておき、ぬいぐるみである。よく考えると、ぬいぐるみを欲しがったこと自体、私にはあまりないのだった。よって、ぬいぐるみのことがよくわからない。ぬいぐるみ、ぬいぐるみねえ・・・ ぬいぐるみって、ふかふかのたたずまいを生かして、動物やらなにやらをかたどるのが自然な気がするが、最近そうでもない。 宇都宮や横浜では餃子のぬいぐるみを売っているし。「ぬって」「くるむ」という行為なら、まあ餃子もわかる気がする。 しかしこれはどうだろう。

 


バドワイザーのぬいぐるみ。


私が中学のときに作ったものだ(正確には「クッション」かもしれませんけれども)。中学生がバドワイザーって。まあそういうデザインが受けた時代だったのだから仕方がない。

しかしこれはなかなかの出来だったらしく、家庭科の先生に気に入られ、夏休みの宿題でしばらく学校の玄関に展示されていた。

8月の終わり、土壇場3日間くらいで作ったにしてはよくできている。この刺繍の懲りようとかすごい。


バーコード。

懐かしいプルトップも再現。

まあ自慢はこれくらいにする。

この場合、ビール缶がぬいぐるみになっているわけだが、これはこれで、形状からしても何か自然なたたずまいを感じさせる。抱き枕とかにもできそうだ。

では、もっと他のオブジェクトをぬいぐるみに写し取ったら、それはどんなたたずまいになるのだろうか。例えばこんなもので。


難解な企画にならないことを祈る。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation