デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ロマンの木曜日
 
瓦の試し割りに挑戦

大晦日の格闘技はご覧になりましたでしょうか? 僕はプライドを見つつ、K1をビデオに録画して、プライドが終わったらすぐにビデオでK1を見ました。
何が言いたいかと言いますと、それくらい格闘技に夢中って事です。あまりにも夢中になるあまり、去年からボクシングジムに通いつめています。そろそろ3ヵ月以上経つので、もしかしたら腕っぷしが上がってるんじゃないか、そんな風に思える今日この頃、ここは1つ瓦割りに挑戦してみようじゃありませんか。

骨折上等! カモン瓦!!

男祭りの始まりです。

(text by 住正徳



森瓦店?
これなんていいんじゃない?
大丈夫だよ
10枚ゲット。キャリ−に積んで帰ります

まずは瓦を調達しよう

タウンページで瓦を取り扱っているお店を探すと、「かわら」というカテゴリーがあって30件ほどの瓦屋さんが載っていた。片っ端から電話をかけるが、お正月時期なので休んでいるお店ばかり。そんな中、唯一営業しているお店が見つかった。品川区の森瓦店さんだ。

戸越銀座の駅から徒歩5分ほどでタウンページに載っていた住所に到着したが、「森瓦店」という看板が出ていない。辺りをもう一度見渡すと、ガレージの隅に瓦を積んである家があり、表札には「森」とあった。ここだ。

チャイムを鳴らすと中からおじさんが出て来た。

「瓦を譲って欲しいんですが……」
「どこから漏れるの?」
「えっ?」
「屋根のどこら辺?」

そうか、屋根の修理用に瓦を探してると思ってるんだ。まあ、そりゃそうか。

いや、実は試し割りをしたいので、割れやすいやつを……
と言える雰囲気ではない。見た目で一番薄そうな瓦を指差して、あれを下さいと頼む。

「これ? これは、のし瓦だよ。いいの?」
いいも悪いも分らない。
「てっぺんの方から漏ってるんだったら、これでいいけど」
「え、ええ、そうです。てっぺんの方から」
「じゃあ、これだ」

 

「ちなみに、それは割れやすいですか?」
「いやいや、大丈夫。丈夫に出来てるから」

僕的には大丈夫ではないが、仕方ない。10枚買うことにした。
ちなみに1枚500円、結構高い。しかも、これから僕の拳で割ってしまう訳だからもったいない話だけれど、お正月ですし、ここは1つ景気良くいっちゃいましょう!



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation