デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 

ゴミ袋を飛ばす


ゴミ袋が風で飛ばされているのをよく見る。屋根より高く舞い上がっていることもある。

青空に映える白い東京都指定の炭カル袋。ならばあれにひもを付ければ凧になるんじゃないか。

グッバイ正月気分、おとそ気分への惜別の念をこめて、河原でゴミ袋を飛ばしてきました。(林 雄司


いつもの荒川土手
宙に浮くコンビニ袋。ん?
あははははは

ということでまた河原だ

河原ではなにやらロードレース大会が開かれていて人がたくさんいた。ゴミ袋を飛ばす身としては非常にやりづらい。

しかもデイリーポータルZで凧あげをとりあげるのは2回目である。1回目はうまく飛ばず、3ページ目から別企画を載せてごまかした(「久しぶりのたこあげ」 3ページ目から「はまぐり刑事」になっている)。はまぐりに頼らずになんとか成功させたい。

 

まずはコンビニ袋だ

コンビニ袋のとってに凧糸をつけてみる。風でふくらんだ袋が宙に浮き、糸が地面と平行になる。風の力を手に感じる。高く上がらないので凧ではない。凧ではないのだが、不思議な手応えがおもしろい。

しかし端から見るとかわいそう感がぬぐえないのは確かだ。ラジコンを買ってもらえない子供がミニカーにひもを付けている。そんな類の切なさを感じる。

実際、見るに見かねた通りすがりのおじさんに

「もっとひもをひっぱらなきゃだめだよ」

とアドバイスされた。おじさん、ありがとうございます。でもこれゴミ袋なのでやっぱりあがらないみたいです。

アドバイスしてくれたおじさん。後光が差してる。
ぽつーん

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation