デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 
イモバンのイモのかわりを考える

年賀状シーズンが終わった。

今年に入ってから年賀状は最低限の枚数を書いたが、デザインを考えたり印刷したり、おっくうなことこのうえない。

少しの枚数なら、サザエさんでもおなじみの、昔懐かしい芋判(イモバン)でいいのではないか?

そう思い、冷蔵庫をあさって考えた。そもそもなぜ「芋」なんだ?別に芋じゃなくても、いいのではないだろうか。検証してみる。

乙幡 啓子


いろいろな意味で極寒の冷蔵庫

判になりそうな食材を探すか・・・と冷蔵庫をあけたのだが、しまった、最近ダイエット中なこともあり、最小限の食材しか用意してなかった。別にまったく料理をしないわけではない。


ああ・・・ガラガラ

いちおうハンコなので、以下の条件は最低限満たしたい。

・固形物
・平らな面が多い
・水分はなるべく少なく
・彫りやすく

さて、冷蔵庫であるが、なんとか形をなしそうなものがあった。しょうがと豆腐。しょうがは、いつのかわからないのでだいぶふかふかになっている。豆腐はどうだ。水分が、ずいぶん多いぞ。まあ抑え、ということで。


絹ごしじゃなくてよかったのがせめてもの・・・
何かのサナギかと思った。

あと使えそうなものはチーズくらいか。これではいかんと、街へ買出しに出かけた。

ここの特集を書くにあたり、いろいろな理由でスーパーの棚を回ってきたわけだが、「ハンコになりそうな食材」だけをらんらんと探す買い物は、初めてだ。


柑橘系は無理だろう

ではまずは、伝統的な「イモバン」を作ってみよう。小さいころにやった記憶はあるが、何年ぶりだろうか。




 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation