デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
ひとり「ためしてガッテン!」

「ためしてガッテン」という番組がある。
素朴な疑問を実験で解決したりする、NHKの生活お役立ち情報番組なのだが、この番組が好きでたまらない。NHKに遊びに行った時、展示してあるガッテンボタンを連打し、ひとり悦に入ったことがあるくらいだ。

私もなにか、ちょっとした実験をして「ガッテン!」とボタンを叩きたい。ボタンが無理なら膝でもいい。

そんな気持ちでホウレン草を茹で、大根と肉を煮てみました。というわけで、唐突に実験は始まります。

高瀬 克子


青菜は茹でたら水にさらすべきか

どの料理本を見ても「青菜を茹でる時は塩を入れたお湯で。茹であがったら水にさらせ」と書いてあるが本当だろうか。


スーパーのほうれん草売り場にて

だいたい、アクってのがよくわからない。いまネットで調べてみたら、こんなことが書いてあった。

「アクを抜かないと渋みや苦味が残ったり、野菜が変色してしまいます」

なるほど大変だ。でもこれはあくまで実験。
アクがいかに悪い物かを証明するためにも、わざと塩を入れないお湯で茹でることにした。もちろん水にもさらしません。

で、その結果がコチラ。


左がアク入り、右がアクなし。どうしよう、違いがわからない

あれえ? もっとインパクトのある写真が撮れるかと思っていたのに、見た目がまったく同じだ。変色するんじゃなかったのか?

まぁ問題は味だよな、と食べてみたのですが。
…えーと、歯触りといい味といい、なんら変わ…ら…な…い。…ええ?


結果
まぁ、よっぽど舌が敏感な方は、きちんと塩を入れたお湯で茹で、水にさらした方がいいかもしれません。


えー、ガッテン!と膝を打つために上げた手の下ろし場所に困ったまま、次の実験に移ります。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation