デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 
携帯電話の箱にごはんを詰める

最近、なんだかんだとデジタル家電を買う機会が多い。携帯、デジカメ、iPod・・・。

買って家に持ち帰り、ワクワクしながら箱を開ける。開けながら思う。

「なんだこの開ける手順の多さは・・・」

中箱のことである。小さい機器を納める箱の、なんと複雑な構造であることか!

いや、怒っているのではない。今からそれらを丹念に鑑賞して、遊んでみようと思うのである。

乙幡 啓子

事例その1

サワリの文でどれだけ賛同を得られるかわからないので、例を示す。まずは以下の写真をご覧いただこう。


ある休日に、ファイルケース、届く。

割と大きな荷物である。ダンボールの中に梱包材は、薄い発泡スチロールが天地・側面に、計6枚。それのみである。まあ、本人は直方体のシンプルな構造なので、自然とそうなる。

一方、こんまいデジタル家電の場合はどうか。たびたびここにも登場してきた、愛機デジタルカメラの場合。

17cm×18cm×8.5cmの外箱。
中は狭く仕切られる。
中箱のみ取り出した状態。自立型。
県民美術館のようなたたずまい。

久々に開けてみた。ふだん使わない部品が残っていたが、果たして、買った当初はどんなふうに全部の部品が納められていたかどうか、もう思い出すことはできない。

この狭い部屋のひとつひとつに、コードやSDメモリが納められていたのだ。なんという「収納の匠」であろうか。私はこの箱を設計した人を尊敬する。

それは展開図をご覧いただくとまたよくわかるだろう。


展開図。

なにがどうなってあの中箱になるというのだ。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation