デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


土曜ワイド工場
 
ムダに迫力ある写真を撮る

自分が派手なハリウッド映画に反応できなくなってしまってから久しい。画面の中ではド派手なアクションが繰り広げられているのに、それを平然と眺めている自分に気付く。すごさが全然伝わってこないのだ。これは一体なぜだろう?

一方、どうでもいいようなものをデジカメで撮ってみたら、思いのほか迫力のある写真になることがある。現実にはちっともすごくないのに、なぜか写真の中では迫力がある。

凄くないものが凄い。
そんな矛盾に迫ってみた。

(Text by T・斎藤

これは水槽に置いてあるやつ


寿司の写真

先日、出前をとった。
たらい(桶?)に並べられた寿司5人前に嬉しくなり、
思わず写真に撮ってみた。


寿司5人前

何枚か撮った。

すると、いつの間にか
こんなアングルで寿司を撮っていた。

  ↓


迫り来る寿司!

自分で言うのもなんだが、妙に迫力ないだろうか?
ヘタなアクション映画で車が爆発するシーンより迫力がある気がする。爆発もしてないし走ってもない寿司なのに。
この矛盾はなんだ?

調子に乗って、さらに何枚か撮る。

  ↓


作品タイトル:「寿司の惑星」

思わずタイトルまでつけてしまった。
地表を全て寿司で覆われた惑星のイメージ。
もしくは巨大な寿司の大群が攻めてきたイメージ。

こんな調子で、意味なく迫力ある写真を撮り続けたら、何か見えてくるものがあるかもしれない。
そう思い、意識して迫力ある写真を撮ってみることにした。



●食べ物編

では、まずは食べ物をいくつか使って、無駄に迫力ある写真を撮ってみたい。
用意したのは、カステラ、バナナ、玉ねぎの3点。


カステラ一斤
バナナと玉ねぎ

用意したと言っても、バナナと玉ねぎはたまたま台所で目についたもの。バナナが妙に青いのが気になるが、付属の紙切れによると暖かい場所に保存しておけばだんだん黄色になるらしい。紙切れにはまた
「バナナは風邪をひく」
とも書いてある。
バナナは熱帯の果物なので15度以下の場所に長時間放置しておくと風邪を引くという。風邪をひいたバナナはいつまでたっても柔らかくならず、食べられるようにならないらしい。へぇ。
…って、いかん、関係ないところで道草食ってる。

カステラは、なんとなく長崎に住む者として入れておかねばならないような使命感を感じて、わざわざmサ屋に行って買ってきた。(結果的にこれが後におかしな方向性へと進むことになる。)



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation