デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


土曜ワイド工場
 
島には、いくらで住めるのか

塔には不思議な魅力がある。
東京タワー、通天閣、ランドマークタワー、パリのエッフェル塔、ピサの斜塔…。
民族の象徴的建築物には塔が多い。
ピラミッドだって一種の塔のようなものだ。
我々人類は塔を建てることや見ることが本能的に好きに違いない。

そんな塔の魅力に引き寄せられるがごとく、長崎は佐世保にある巨大な塔を見に行きます。

(Text by T・斎藤

引き寄せられる


人はなぜ生きているのか?

人は何を目的に生きているのか?
まず、食べて生き延びるために生きている。
原始時代は食べ物を探すことに行動の全てを費やしていたし、現在でも食べて生活するために金を稼ぐ。
が、食べるのに不自由しなくなると、今度はそれが目的でなくなる。次に人は社会的な秩序を築きその中で地位を得ることを目的とする。が、それもまたある程度の秩序と地位を確保し満足してしまうと、もう目的ではなくなる。すると今度は人生を楽しむことが目的となる。このように、人は段階に応じて3つの生きる目的を持つ。

…と、ここまではLinuxの創始者、リーナス・トーバルズがその著書で語っていたことだ。

が、この最終段階の「楽しむ」ということすら、一通りの楽しみを満喫してしまったら、それはもう目的ではなくなるのではなかろうか?
そうなってしまったらもう生きる目的はないのか?

否。

次の写真を見ていただきたい。


プリンを積む娘(1歳半)

プリンは甘くてヤバいくらい美味しい。ので、娘にはまだ与えてないのだが、娘はプリンを誰に教わるともなく積み重ね始めた。プリンの塔を作り始めたのである。

これだ。
塔を建てることこそ、我々人類がその遺伝子の奥深くにインプットされている最終目的である…! (ほんとか?)

すごい塔

と、つい大げさに言ってしまったが、そんな風に言いたくなるくらいすごいインパクトのある塔が、長崎は佐世保にある。

これである。


針尾送信所無線塔

聞くところによると、第二次世界大戦の開戦の暗号電文「ニイタカヤマノボレ」を送信するのに使われたという無線塔。もちろん、現在はもう使われてない。戦争時代の遺構である。それにしてもこの塔、異様にでかい。3本建ってるのも魅力的だ。

前々からずっとこれが気になっていたものの、いつも車で遠くから見るだけだったので、今回はこの塔のふもとまで行ってみようと思う。

ちなみに、地図もなんも持ってない。
これだけデカく目立つのだから、上を見ながら車を走らせれば辿り着けるだろうという算段だが、はたしていかに。




 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation