デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 

サイトのロゴが変わったわけ

これなのだ。


お気づきかもしれませんが、本日7月5日よりトップページのデイリーポータルZのロゴが変わっています。7月12日11時までの1週間、期間限定のロゴです。

なぜこのロゴになったのか、なんと書いていあるのか?

話は7月2日のBBフェスタにさかのぼります。
林 雄司


まずはBBフェスタのようすをご覧ください

7月2日に開催された@nifty BBフェスタ。@nifty のサービス紹介のイベントである。

今年は会場のほぼ1/4がデイリーポータルZゾーンとなった。昨年の札幌でのBBフェスタでは机ひとつの半分のスペースだったことを思うと感慨深い。しかし、机半分ぐらいが本来のスペースである気はする。が、後戻りはできない。


たくさんのお客様に来ていただきました。

事前の打ち合わせでやりたいことをリクエストしていたところ、ほとんど実現されていた。自分で言っておきながら、申し訳ない気分でいっぱいだ。たとえば…。

企画:生デイリー

要望:「デパートの食料品売り場のそば打ち実演みたいなブースを作ってほしい。手元の作業がわかるように、手元のようすがブース正面の大型モニターにうつる。」

で、用意されていたのがこれ。


プラズマディスプレイだ…

希望通り。パソコンもWindows と Mac の2台が用意されている。正直、ふだんの作業スペースよりいい環境だ。そこで行われたのは

シラスのなかの生き物探し(大塚)
一升瓶で精米する(高瀬)
缶バッジを作る(林、べつやく、ヨシダ)
似顔絵を描く(住)
ゲームを作る(おぎわら)
納豆をかき混ぜる(古賀)

である。どちらかというとクラスの隅っこにいるタイプの人がやっていることだ。それなのに。


ひとだかり

全国のクラスのはじっこの若者に「大丈夫だから!」とメッセージを送りたい気分だ。

 

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation