デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


はっけんの水曜日
 
気化熱で安く涼む装置を作ってみる

暑い日が続きますがいかがおすごしでしょうか。

うちは窓を開けられないのでエアコンつけっぱなしである。電気代がかさむ。体にもよろしくない。

かといって扇風機だけでは、日当たりのよさが災いし、とても熱気を散らせるものではない。

熱帯夜、エアコンを消して床につき、もうろうとする頭で考える。なんとか、安上がりに涼を得る装置はできないものか。

やがて茫洋としつつもある記憶がよみがえってきた。そうだ、テレビで見たあれを作ってみよう。

乙幡 啓子

2種の試み

「テレビで見たあれ」とは、こういうものだ。昔、何かニュースか情報番組かで紹介していたんだが、ある人が考えた冷房装置だ。

空き缶に水を満たし、何本かの柱を作る。次に窓を開け、下図のように間隔をおいて立てる。



缶タワーの間を風が吹き抜けると、缶の中の水の気化熱によってそれが冷気に変わり、安上がりに涼しさを得られます、との説明があった。細かいところは忘れたが、概要はそんなところだったと思う。

本当に冷気が得られるのか?だったらすごいじゃないか!クーラーなんて要らないよ!と子供心に感心した。それを今、実際に作ってやってみようと思うのだ。


近所のコンビニで、店員さんに「空き缶が大量に要るんで・・・」と言ったらこころよく分けてくれた。
きれいに洗います。

「なるべくお金を使わない」を目標に、コンビニで缶を大量に入手。あとは水を入れてガムテープでつなげるだけでいい。これだけで冷風機が手に入るなんて!

ただ、これだけでは昔の記憶をなぞって終わり、ということになる。何かまた新しい提案ができないかと考え、100円ショップに行ってぞろっと買ってきたのがこれ。


ストロー60本。これをチューブに見立てる。
このようにつなげていく。

そして魚焼き器。

これで「ポータブル冷風扇」を作れたら、と思ったのだ。水のチューブをめぐらせ、そこを風が通る、という条件なら、小型化してもいいだろうと。外出時にも、炎天下の熱風を冷気に変えるのだ!変えるのだ!


グルーガンで楽々と接合。

つなげたストローチューブをまず網に接合して、こんな感じに。冷蔵庫の裏のように。

だが、水を注入する段になって、水力学(でいいのか?)のイロハも知らないため大変苦労することとなった。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation