デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


土曜ワイド工場
 


●研究学園駅

つくば駅より10分ほど車を飛ばすと、隣の「研究学園駅」に到着。


研究学園駅

つくば駅が完全に地下にもぐっていたのに対してこちらは地上。見てのとおり、やたらと大きい、近代的な駅だ。

がそれとは対照的に、駅前の風景はこんな。↓


研究学園駅からの眺め


まったく周囲に何も無い。
駅ビル、コンビニどころか犬小屋すらない。
先のつくば駅が20年以上前から計画的に発展させてきたのと違い、こちらは予定外に駅ができた、という感じだ。


駅周辺

開発中


駅の周辺はひたすら藪、または開発中。
駅南口なんて、こんなんだ。↓


駅南口


首都機能を移転させるならもうここしかないんじゃないか? というほど土地が空いてる。いやほんと、数年後には国会議事堂はここにあるんじゃないか?

と思い、藪の中から研究学園駅をパチリ。
数年後に見たらとても貴重な写真になってるかもしれない。


何年後かに見たら信じられない光景になってるかも




●万博記念公園駅

さらに隣の駅、万博記念公園駅にも車で行ってみた。


万博記念公園駅


どーん!
駅前に巨大な岡本太郎のオブジェが。

さすが岡本太郎。
こうして駅と組み合わせて見ても、なんて未来的なデザインなんだ。これも20年以上前の作品。

ちなみにこの万博記念公園駅、名前からすると科学万博の跡地である万博公園の中にあるようなイメージを抱くが、実はそこからずいぶん離れたところにある。地元の人には「島名駅」と言った方がピンと来る。

岡本太郎の像は元々は万博公園にあったものを、こちらに移動したものだ。

参考:
乙幡さんが科学万博跡地を訪れた記事
ヨシダプロさんが科学万博跡地を訪れた記事


激しく何もない駅前
駅前です

でもって、やはり駅前は何もない。
斬新なくらい何もない。

聞いた話によると、ここは元々駅を作る予定ではなかったのだが、元つくば市長が島名出身だったため作られることになったんだとか。わかりやすい理由だ。


これも何年後かに見たら貴重な写真になってるだろうか?



●みどりの駅

さらに隣の駅にも行ってみる。
つくば駅から数えると3つめの駅。


次の駅目指して
茨城チックな道をひたすら移動

駅から駅へは上の写真のような感じの、いかにも茨城っぽい道を往く。道が空いているので距離はあってもわりあいすぐに着く。


みどりの駅

で、どーん!

またしても、大変巨大で立派な駅だ。

でもって周辺は…


やはり、壮絶に何もない
無限の荒野

無限の荒野。
これからどんな風にここが発展していくのか、楽しみである。

今回写真を撮りに訪れたのは朝8時過ぎくらい。
都内であれば、通勤ラッシュで最も混雑する時間帯だと思うのだが、つくばエクスプレスの駅では…


シュールなくらい無人

快速が停まらない駅たちは軒並み、無人。
シュールなくらいの無人っぷりだ。




夜の研究学園駅

ちなみに、夜だったらどんな感じなんだろうと思い、夜の研究学園駅にも訪れてみた。


研究学園駅

ここもまた無人っぷりがすごく、まるでSF映画のよう。


漆黒の闇

駅前だと言うのに漆黒の闇。
カブトムシとか集まってきそうだ。


UFOも飛んで来そう

< もどる ▽この特集のトップへ 次へ>
   
 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation