デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
浜松は餃子の街だった

餃子で有名な街といえば、誰もが宇都宮を思い浮かべることだろう。

だが先日、気になる噂を聞いた。どうやら浜松も餃子で有名らしいのだ。はっきり言って、そんな話は聞いたことがない。浜松といったらウナギじゃないのか? なぜ餃子なんだ?

「もしも本当に餃子の街だったとしたら、耳から具が出るまで餃子を食べてやろう」と意気込んで、浜松に行って参りました。

高瀬 克子


経費を節約するために、行きは高速バスを利用
高速道路はものすごい霧でした

いざ浜松へ

ネットで調べてみると、たしかに静岡県内(特に浜松市)には餃子屋が多い。

普段、食べ物の取材には基本的に1人で乗り込むことにしているのだが、今回は「一軒でも多く店を回りたい。とにかく数をこなしたい」との思いから、連れを募ることにした。

「え、餃子の旅? 行きます行きます!」

ふたつ返事で快諾してくれたのは、餃子好きのIさんだ。だがIさん、不安そうに続けてこう言う。

「…行きますけど、浜松って餃子が有名なんですか?」

Iさんの反応も、もっともだろう。私もつい数日前までは、餃子=宇都宮だとばかり思っていた。

「私も詳しいことは分からないんですが、どうもそういうことらしいです。とにかく行ってみましょう」

こうして、行き当たりばったりな餃子の旅が始まった。


着いたら、まずは地図を買いましょう

浜松までのバスがない

この日は三連休の初日ということもあり、名古屋方面へ向かう高速バスは、軒並み満席状態。

かろうじて静岡駅行きのバスには空席があったので、とりあえず静岡市内へと向かうことにしてバスに乗り込んだ。

 

静岡の餃子も有名らしい

静岡駅で降りたのは、私もIさんも初めてだ。素通りするのはあまりに惜しい。

ちょうど昼時なこともあり、せっかく来たのだから…と、静岡市内でも餃子を食べることにした。だが、本来の目的地は浜松だ。ここには長居をせず、一軒だけに絞ることにしよう。

コンビニで地図を買い、ネットで調べた店の住所を探しながら、街をブラブラと歩く。極度の方向音痴なだけに、連れがいると心強い。


おでん屋だらけの、こんなステキな横丁もあっ た。今度は夜に来よう

Iさん「ところで、今から行く店ってどんなところなんですか?」
高瀬「サイトには、梶原しげる氏ご推薦、って書いてありました」
Iさん「…梶原しげるさんですか」
高瀬「ラジオの取材かなにかで食べたんですかね」

あれこれ話しながら、目的の店を探す。

…と、遠くに「餃子のふくまん」と書かれた看板が見えた。あれだ。


遠くからでもよく見えます
普通すぎるほど普通の店構え

さあ、静岡で一発目に食べる餃子はどんな物なのだろう。なにか特徴はあるのか? さっそく入店することにしよう。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation