デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 

ピエロ三都物語

今回、800キロぐらい移動しています。


メールをもらった。

2ヶ月前に掲載した「ピエロになって、なにもしない…」という特集についてだ。

> 東京ではスルーされてましたが。大阪だったら
> あっという間に囲まれて人気者ですよ

という内容だった。そうか、僕の約束の地は大阪だったのか。

なにもしないピエロを温かく迎えてくれる街を探して3つの都市を巡ります。(林 雄司

前回までのあらすじ

前回の特集を簡単にまとめてみた。

企画趣旨
・ピエロが普通にくらしていたら面白いはず
・人が寄ってきてもずっと携帯いじってたり

結果
・誰も寄ってきてくれなかった
・ピエロ、さみしい…

もうピエロがふつうにしてるとかどうでもいい、ピエロになった僕を受入れてもらえる土地を探したい。ピエロになって見えてくるものを見よう。

まずはメールで教えてもらった大阪だ。

新大阪駅

ピエロで新幹線を降りる。反応が違うだろうか。来日タレントみたいに囲まれたりして……、という心配は杞憂に終わった。


時速200キロで移動するピエロ

   
みな下を向いている
こっちを見てくれよ

だめだ。東京の反応といっしょだ。

だが、新大阪での反応が鈍いのは予想していたことなのだ。新大阪駅は東京からきた人が多い場所だ(大阪なのにエスカレーターで立つ位置が東京と同じらしいよ)。そこで劇的な変化を期待することはできないだろう。はい、移動。

梅田

大阪の駅を降りて梅田周辺を歩く。


なじんでるぞ。ピエロ。

でも泣きそう

知らない土地でこの格好、これまで経験したことがない心細さだ。自然と早足になってしまう。これはまずい。

地元のひとにきいた待ち合わせスポットに行ってみることにします。そこならばメールでもらったようにピエロを受入れてくれるかもしれない。

ピエロがちやほやされるまで、あと少し!(宇宙戦艦ヤマトのさいごのセリフのトーンで読んでください)


メイク落とすのも面倒なのでこのままホテルにチェックインしました。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation