デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 
ゴルフのあのでかいキーを持って

皆さん。今年はいいことありましたか。そうですか、いい年でしたか。私もそこそこいい年でした。

でも、金運がよかったとか、何かに当たったとか受かったとか、そういったわかりやすい「いい年」ではなく、ただつつがなく終わったという意味での「いい年」であったのはいつもどおりだ。

最後の特集くらいは、景気のいいものを一発ブチアゲよう!と、ゴルフトーナメントなどで優勝者に手渡される、栄光の「あのキー」を作りました。ただし、車はついてきません。キーだけです。

乙幡 啓子

想定どおりの材料そして作り方

メジャーなプロスポーツの世界は賞品が豪華だ。企業もその広告効果を期待して、気前よく車1台ぽーんとくださる。くださるとき、表彰式でわかりやすいように勝者に手渡されるのが、車のキーのでっかいレプリカだ。

最近の車のキーは電子キーなので、電子な部分が埋まっている頭部はボディと違う材質のようだ(免許ないのでそのへんはふわっと表現)。実際、テレビでの表彰式でも、頭部の黒い電子キーのでかいのが授与されるのを目にする。でもそれだと制作が大変なので、昔ながらのキーを作ることにする。


でました、発泡スチロールとそのカッター。
ネットで探した画像をもとに、てきとうに下絵を描いた。
いつ使っても、切る感触がたまらない。
そこそこ大きいものができました。

 

不安と年末のあわただしさで大変なことに

ここまでできた時点で、どうも「家の鍵」に見えてきてしょうがない。ニフティでの会議のときに他の方にも上の写真を見てもらった。ぜんぜん問題ないですよということなので安心するが、林さんをはじめ、免許を持ってない、あるいはほぼ運転しない方ばかりに聞いたので、多少の不安が残る。が、もう1個別のキーを作る余裕などないので先に進む。


ハンズの方のアドバイスどおり、ジェッソという、油絵などにも使う地塗り剤を塗る。

が、何でか知らんが心がどこかに行っており、ふたの開いたままのジェッソをはずみで振り回してしまい、買ったばかりのカーペットにぶちまけてしまう。


泣きながらポンポンする。

自分はけっして不器用なほうではなく、むしろその逆だと思っている。が、どうも考えなしのところがあるようで、このあとも銀スプレーをこれに噴霧するとき、直に手で持って塗ってしまい、左手が銀粉ショーになってしまった。

まあこれは余談だったわけだが、来年はもっとしっかり気をほうぼうに配って生活しようと思う。

で、銀スプレーも乾いたようなので、おリボンをかけて完成だ。



おお・・・ 栄光の序曲が聞こえる。

ではさっそく見せびらかして、車もらった気分「だけ」味わいに外出しよう。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation