デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


特別企画
 

2005年を振り返る(2)

愉快なサイトだよね

林:さて、対談で提案があるのですが
法師丸:はいはい。
林:口調を変えませんか。前回の住さんとの対談はこんなでした。
法師丸:ああ、ヒップホップ系ですか。(適当)
林:いや、暖炉の前でバーボン飲みながらの雰囲気にしました。
法師丸:暖炉の前なのかヒップホップなのかは定かでないというか、どれも違う気がしますが、とにかくわかりました。
林:というわけで法師丸もサロンな会話をしないか?
法師丸:ちょ、ちょっと待ってくださいね。気持ち切り替えます。
林:もちろんさ。
法師丸:オッケー、ユウジ、気持ちをラテン系にしてみたよ、アデュ。
林:ラテンは俺たちの故郷だ。アミーゴのことは法師丸ってよんでいいかな
法師丸:そうだな、変に変えてもわかりにくいからな。法師丸なんてラテン系はいないと思うけど、とにかくチリビーンズは最高さ!
林:ママンも最高って言ってるさ!
林:さあ、今夜はデイリーポータルZの5月6月を振り返りたいんだ。いいだろう?
法師丸:オッケー!ラテン系の言葉でオッケーの意味の言葉を知らないから、オッケー!

小野 法師丸/林 雄司

すごい塔。(「異様にでかい塔を見に行く」より)。だけど、4ページ目になると…。

ステーキの話になってしまうのだ。
見るものの涙を誘ったおじさん。(「壮絶!長崎のゴミ収集」より)
法師丸夫妻。法師丸さんの手先が秀逸。(「『くすぐったい』って何だろう」

斎藤さんがヒット連発してた5月

林:5月の特集を見ていて気になったのはこれなんだ。(「異様にでかい塔を見に行く」から)
林:3ページ目まで大きな塔の話なんだが、4ページ目が急に肉の話になってるのさ。
法師丸:塔のたたずまいも唐突だけど、話の展開の唐突さも負けてないね。
法師丸:

「余談
塔の話は以上です。
以下、少し余談を書きます。」

法師丸:という、4ページ目の書き出しもしびれるぜ!
林:まったくだ。こんなのメキシコじゅう探してもないぜ
法師丸:「特集だからなんとか4ページにしないと」という斎藤さんの気負いがいい感じに出てるね。
法師丸:まじめさや誠実さは、時にこういう形になって現れるぜ!
林:ポンチョ!
法師丸:オー!テンションが高くなったときは、意味はともかく、そういう言葉を言うことになってるんだね!
法師丸:ゲバブ!
林:それはラテンじゃないけど、そんな無粋なことは言わないぜ。アミーゴ。

林:斎藤さんはこれもすごいんだ。(「壮絶!長崎のゴミ収集」より)
林:おじさんがかわいそすぎるぜ。
法師丸:熱いぜ長崎!長崎はもうラテンアメリカと言ってもいいね!
林:もちろんだ。異論ないさ。
法師丸:あとはどんな記事があったんだい?

林:なに言ってるんだい?法師丸もやってくれたじゃないか。(「『くすぐったい』って何だろう」
林:どうしたっていうんだい?このもだえぶりは
法師丸:オオ…自分のになると、言葉が詰まるネ…
林:オーライ。そんなものさ。
法師丸:くすぐったいということを解明しようとして、あまり解明になってないんだよ。
林:そうだな。「後ろからの攻撃もまた違った味わい」「あ、ああ、あああー!」「立ってられない」って
キャプションがいちいちエロティックじゃないかい?
法師丸:そうだね、中学生のころ思っていたエロから一周した、大人のエロかもね。
林:ちびっ子が見てるサイトでなんて狼藉を
法師丸:だいじょうぶ、高度だからちびっ子には意味がわからないはずだよ。
法師丸:単に「ばかな大人なんだな」どまりだよ。彼らの解釈は。
林:まったくばかげた奴らだぜ
法師丸:ぼくらのことだね、それは。
林:こいつはいっぽんとられたな。
林:テキーラ飲んでくれ

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation