デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ちしきの金曜日
 
 
満員電車早降り競走
ぎゅうぎゅう

通勤の満員電車が苦手だ。

目的の駅についても、ぎゅうぎゅうの車内では満足に進むこともできない。そうこうするうちに自分の直前で閉じてしまうドア。そして間にあわない会議。

平坦な100mをいかに早く走るかなんてことよりも、もっと切実で重要な運動能力がここにある。

満員電車早降り。それは、現代をサヴァイブするためのスキルなのだ。

(text by 三土たつお


競技内容説明
 

というわけで、今回やろうとしている「満員電車早降り競走」。内容はこんな感じになる。

  • 上のように満員電車の状態を再現しておく。
  • 走者は、画面の右端から左端までをなるべく早く通り抜ける。
  • かかった時間を計測する。

ようするにおしくらまんじゅうの中を駆け抜けるのだ。


降りますー!


なお、今回の撮影は「2006年のカレンダーを作る」の枕投げ企画に集まってくださった読者の方々にご協力を頂いた。

寒い中、枕投げ以上に意味の分からない企画につきあってくださったみなさま、本当にありがとうございます。

 

シミュレーション

「満員電車早降り」を実際にやってみたらどんな感じか。そのようすを、背の高い読者のKさんに協力していただいて再現してみた。

見やすいように、Kさんにはサンタの赤い帽子をかぶっていただいている。

 

「いまから降りるぞ!」とガッツポーズ。


「どいてください、大事な会議があるんです!」
ぎゅうぎゅうの車内をかきわける。

おめでとう。無事降りられた。

 

何回かシミュレーションを繰り返し、ぎゅうぎゅう過ぎない密度、適度な距離をさぐりだした。想定するのは乗車率200%の山手線の車内。

次のページからはいよいよ競技開始です。


  つぎへ>

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation