デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ロマンの木曜日
 
裸眼会(らがんかい)

メガネをはずしてありのままの目(視力)で世の中を見たい。ウェブマスターの林さんのそんな呼びかけにより、視力0.1以下の人間が裸眼で集まる事になった。近視の人間たちが裸眼のままで飲み会を楽しもうというのだ。視力0.4の僕はその記録係として呼ばれた。

近視の人間が裸眼で飲み会をしたらどうなるか?
これは裸眼の限界に挑むメガネ男女たちの記録である。

(text by 住正徳

裸眼会メンバー紹介

「裸眼会」の様子をレポートする前に、まずは参加メンバーを紹介しよう。ウェブマスターの林さんを筆頭に、全員が視力0.1以下、アンダー0.1のメガネ男女である。

林雄司(近視)
本サイトのウェブマスター。視力は左右とも0.06。メガネ歴20年。
持ち物の中で一番大切な物はコンタクトの保存液。
岡屋出海(近視/乱視)
デジタルビイム社員。視力は左右とも0.1。メガネ歴18年。
乱視もきついので裸眼だと物がだぶって見える。
井上ダイスケ(近視)
エディター/ライター。視力は左右とも0.1以下。メガネ歴14年。
暗い所で本を読み過ぎた結果、今の視力に。
臼井 悠(近視)
出版社勤務。視力は左右とも0.1以下。メガネ歴12年。
コンタクトを保険で作りたい。現在、井上さんと一緒に「博士の以上な健康」水道橋博士著(アスペクト社)の編集作業に忙しく、近視に拍車がかかっている

以上4名が裸眼で飲み会を行う様子を、住(視力:左0.4、右0.2。普段は時々メガネ)とべつやくさん(視力:左右とも1.0。メガネは一切使わない)が後見人として見守る。


週末の渋谷ハチ公前
何とか合流
初対面同士、顔を近づけて確認
移動中、客引きのチラシを食い入る様にしてみる裸眼会のメンバー

渋谷ハチ公前に裸眼で集合

集合場所まで裸眼で向かいたい。
裸眼会リーダーの林さんからそんな提案があった。飲み会の席でメガネをはずすのではなく、家を出る時から裸眼でいたいと言う。

大丈夫なのだろうか?

集合場所は渋谷のハチ公前、しかも約束時刻は夕方の18時だ。相当な混雑が予想される。そんな中、アンダー0.1のメンバーが裸眼で集まるには危険が過ぎる。
後見人の立場から、お店に移動してからメガネをはずす事を勧めるべきなのではないか?

だが、この「裸眼会」は裸眼の可能性に挑む会なのだ。メンバーの前向きな意見を尊重し、裸眼でハチ公前にやって来るのを待つ事にした。

----

約束の時間から10分ほど過ぎた頃、ハチ公前に林さんがやって来た。僕の方を見ているが、僕には気付かない。

「林さん!」
手を挙げて声をかけた。僕の顔を覗き込む林さん。かなりの至近距離。

「ああ、住さん」
最初は冗談かと思ったが、林さんの目は笑っていない。本当に見えてなかったのだ。
そんなやりとりを近くで聞いていた臼井さんが、

「林さんと住さん?」
と、声をかけてきた。恐る恐る手探りで、という物腰であった。

「ええ、林です」
「ああ、よかった」

お互いを確認し終えた後、臼井さんから井上さんが紹介される。林さんと井上さんは初対面。お互い顔を近づけて表情を確認する。初対面とは思えないほど仲良しな2人に見える。

と、ようやく合流出来た安堵感も束の間、これから裸眼でお店を選ばないといけない。

----

慎重な足取りでスクランブル交差点を渡る面々。人ごみをかき分け、居酒屋の客引きを引き払い、ようやく「つぼ八」の看板を見つける。

念のため看板に顔を近づけ、店名を確認する林さんと臼井さん。

「うん、間違いない。つぼ八だ」

裸眼会ご一行様、お店に入ります。


つぼ八? もう一回顔を近づけて店名を確認


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation