デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場 2012年11月17日
 

巻き寿司の可能性を見極めたい

!
最近、僕がちくわぶで燻製を作ったりしているのをどこからか伝え聞いたのか、遠くに住む親から「食べ物で遊んではいけない」と怒られた。
それが40歳になる息子に言うことか。大人の説教なんてくそくらえだ。食べ物を無駄にしてはいけないのは当然だけど、遊んで何が悪い。
食べ物で遊んで、その後ちゃんと美味しくいただけたらそれは素晴らしいことじゃないか。2倍お得じゃないか。
よし、今まで以上に料理で遊んだ後に、美味しくいただくことにしてやるぞ。
きだてたく きだてたく(きだてたく)
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

君はアート巻き寿司を知っているか

アートと巻き寿司。一見して何かの比喩表現なのかと思ってしまうが、そうではない。そのまんま、アートな巻き寿司、なのである。

作っているのは、「たまちゃん」こと清田貴代さん。
「アート表現の一つとして『巻き寿司』を作り『にっこり寿司』と命名してブログで公開しつつ、イベントやワークショップでは巻き寿司作りを通してモノを作る楽しさやコミニュケーションのきっかけ作りになれば、と活動しています」
と語る、巻き寿司アーティストである。

『たまちゃんのにっこり寿司』
「アート巻き寿司、面白いだけじゃなく、社会や常識に対してメッセージを込めて巻いています」
「アート巻き寿司、面白いだけじゃなく、社会や常識に対してメッセージを込めて巻いています」
たまちゃんのアート巻き寿司をブログで拝見して、クラクラきた。
これは絶対に楽しいだろう。
「いいね!」寿司、いただきました。
「いいね!」寿司、いただきました。
「龍安寺の石庭」寿司。ワサビと一緒にわびさびを巻き込んだ。
「龍安寺の石庭」寿司。ワサビと一緒にわびさびを巻き込んだ。
寿司を切った中から出てくるのが「カップ麺」
寿司を切った中から出てくるのが「カップ麺」
これぞアート。フェルメールの「青いターバンの少女」寿司。
これぞアート。フェルメールの「青いターバンの少女」寿司。
今回、たまちゃんにメールで取材を申し込んだのだが、それに対して返信メールに添付されていたのが上の「いいね!」寿司の写真だった。
取材OKの返事を寿司でいただいたのは、人生初めての体験である。これはテンション上がるわ。

タイミング良くアート巻き寿司のワークショップが開催されるとのことで、そちらにお邪魔して、まずは巻き寿司の基礎を教えていただくことにした。そして、最終的には自分で好き放題に巻いてみるのだ。

本気で寿司を巻く決意

たまちゃんのアート巻き寿司ワークショップは、表参道のおしゃれなスペースで開催されるらしい。アートで巻き寿司で表参道。いろいろな要素が混ざりすぎて、ワケの分からないままにすっかり楽しくなっている。
表参道のおしゃれビル(ここは会場ではない)の前で気合いを表明。
表参道のおしゃれビル(ここは会場ではない)の前で気合いを表明。
今回は服装にもちゃんと気を遣っている。
寿司だけに、ちゃんと魚柄のシャツを選んで着て来た。どうだ、この本気の入れ込み具合。正しく食材に敬意を払った寿司フォーマルである。
このシャツを買っていて良かったと心から思った
去年、知人宅で海鮮寄せ鍋パーティーにお呼ばれした時用に買った。
去年、知人宅で海鮮寄せ鍋パーティーにお呼ばれした時用に買った。

巻く前に、間違いに気付く

会場は、インタビュー・カルチャー・マガジン『SWITCH』の出版社、スイッチ・パブリッシングの地下にある、かっこいいカフェスペースだった。
正直、かっこよすぎて個人的にはかなりのアウェー。入った瞬間、自分が何をしに来たのか一瞬見失った。
正直、かっこよすぎて個人的にはかなりのアウェー。入った瞬間、自分が何をしに来たのか一瞬見失った。
カウンターに山積みの「すしのこ」(粉末寿司酢)と巻き簀を見てようやく我に返る。
カウンターに山積みの「すしのこ」(粉末寿司酢)と巻き簀を見てようやく我に返る。
ところで、勘の良い方ならすでにお気づきかも知れない。僕もこの時点ぐらいで気がついた。
巻き寿司に魚って、あまり巻かない。
アートの要素が加わったらなおのこと魚は巻かないような気がする。

魚柄シャツ、轟音と共に空振りである。
おしゃれビル前の気合いポーズとは対極の、しょんぼり感あふれる手の配置が見所。
おしゃれビル前の気合いポーズとは対極の、しょんぼり感あふれる手の配置が見所。
さらに、この直後に他の参加者の方々の「エプロン、持ってきた?」「昨日新しいの買ったよ」という会話を漏れ聞き、ちゃんと前日のうちに準備していたエプロンをうっかり自宅に忘れて来たことにも気づいた。

さあ、魚柄シャツのまま巻き寿司を巻くことにしよう。巻く前に涙を拭こう。


 つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation