デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
かわいくないスノーディスプレイを


クリスマスの季節ですな。

毎年、特に前々から備えておくということもしないのだが、このまえ川崎の東急ハンズに別の用事で行ったら、売り場がもうクリスマス一色で、私も雰囲気に流され思わず「スノースプレー」など買ってしまったのだった。

が、そのとき頭に浮かんだのは「これでうちの窓をファンシーかつメルヘンチックに・・・」ということでなく、「何かこれで違うことしたい」という、またなんともひねくれた考え。こんなうちにサンタは来ない。

来ないならいっそ、もっと来る気をなくさせるような装飾はできないものか、この際考えてみました。

乙幡 啓子

ふつうに楽しい

買ったのはアサヒペンのスノースプレー。このほか、型紙付きのものなど数点出ていた。スノースプレーってこんなに種類あるのか。

「スプレーするだけで立体感のある雪状に仕上がる」という。まずは、オーソドックスなクリスマス柄で試してみよう。


ピンクや青のスプレーもあるのだ。

カラカラカラ・・・と30回ほど振って、一気にシャーッと吹き付けると、窓ガラスに雪状の何かがとても簡単にくっつく。心配していた臭いもさほど感じず。

オーソドックスに、もみの木。
おお。お店みたいになったじゃないか。

吹き付けたあとの型紙には、雪状のものがごっそりと固まってくっついている。合成樹脂(アクリル)だそうだ。触ってみても不快感はなく、サラサラとしている(いちおう可燃性ガス・有機溶剤が入っているので、換気や火気には注意だ)。

乾いてから指でいじると、簡単にぽろぽろと取れて本当に雪みたいだ。

ふつうに楽しい。ちょっと、これでクリスマス用の大作でも描こうか・・・という誘惑を、なんでか振り払って、あれこれと模様を考えてみる。かわいくない模様を。素直でない模様を。

こんなの。

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation