デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
あのCMの凧をあげたい
あのCMですよ、あのCM

日曜日の夕方、テレビの笑点を見ていると流れるお線香「青雲」のCM。
すっかり耳になじんだメロディと共に映し出される、たくさん連なった青い凧。
あのCMの連凧を揚げてみたいと思ったことはないだろうか。
僕はある。
CMを見るたびに思っている。
あの凧を大空高く揚げてみたい。
なので、揚げてみた。

工藤 考浩



すり込まれた青雲のCM

何でも青雲の連凧のCMは、25年前から続いているものらしい。
25年前というと、僕がちょうど8歳の頃から流れているということだ。
脳裏に焼き付いているのも無理はない。
あのCMの凧を揚げようと、まずはあの青雲連凧の入手方法を調べたが、当然既製品は売っているわけが無く、ネット通販で「40連・連凧作成キット」なるものを入手し、自主制作に取り掛かった。


こういうのが届いた

 

まずは絵付け

凧に絵を描くことを絵付けというのかどうかは知らないが、その作業から始めた。
絵の具の乾く順番を考慮し、真ん中の文字の入る部分から作業開始である。
40連凧だから、40枚作らなくちゃならない。


日本香堂のサイトにあった写真を参考に描く

文字が入る部分を金色に塗る

40枚ってのはたくさんってことだ

 

青く塗れ

続いて、この連凧のメインカラーである、青色を塗る。
この青が空の色と混ざり合って、美しい連凧となるのである。


青の絵の具で…

塗ってゆく

 

多い

先にも述べたが、今回買ったのは「40連・連凧作成キット」である。
40枚、色を塗るのだ。
当初はパソコンで図柄を作成し、プリンタで印刷しようと思っていたのだが、届いた凧はA4よりも大きく、自宅のプリンタでは出力できないことが判明し、手書きという判断を下したのだが、それが思いのほか大変であった。
40というと、それほどの数ではないように聞こえるかもしれないが、だったら、あなた、やってごらんなさい。大変だから。


乾燥させるために並べると、わが家は青雲で埋め尽くされた

    つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation