デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
東京湾でワカメを採ってきた
今度はワカメを採ってきました。

先日、千葉の海までノリを採りに行った話を書いたのだが、それを見た知人から、「ノリもいいけどワカメもいいよ」と、ワカメの採れる場所が書かれたメールが送られてきた。

その場所は東京湾の工業地帯にちょこっとだけ残された砂浜で、この時期の干潮時にだけワカメを採ることができるらしい。

ワカメが生えている場所自体は千葉や神奈川でもちょっと遠くまで行けば結構あるのだが、基本的に漁業権で保護されているため、一般人が採ったら犯罪になってしまう。

しかしこの場所は、前回のノリ同様、開発のために漁師達が漁業権を放棄したエリアなので、私がワカメをとってもOKなのだ。採れればだが。

ワカメが好きかと言われるとなんともいえないのだが、ワカメが採れると言われればいきたくなる性分なので、ちょっくらいってきた。

※漁業権が設定されている場所で勝手にワカメを採ることは法律で禁止されています。

(text by 玉置 豊



本当にワカメが生えているのだろうか

休日の昼間、友人に車を出してもらって、ワカメマニアの知人から送ってもらった地図を頼りに、現地らしきところまでやってきた。

いそいそと海の正装、ウェーダーを履いて、早速海へと向かう。目指せワカメラーメン。


とりあえず来てみたけれど、かなり不安。

今回ワカメを採りに来た場所は、周囲には工場しかないような寂れた海岸。岸壁で釣りをする人達が数人いたが、魚が釣れている様子は全くない。海鳥すらいない。

子供が一人、砂浜で遊んでいるのだが、ワカメを採っている訳ではなさそうだ。季節の問題もあるのだろうが、ここは生き物の気配がすごい薄いのだ。


寂しげな防波堤。 水遊びをする子供が一人。

ワカメ、本当に生えているのだろうか。

 

海へと入ってみる

この海のどこにどうワカメが生えているのかがよくわからないのだが、とりあえずズブズブと海へと入ってみることにした。ここでワカメ採りをしている人はこの海に誰もいない。不安だ。

ところでウェーダーを履いて海にはいるのは久しぶりなのだが、水圧でウェーダーが押されて足が圧迫されて楽しい。


この日のために買った新品のウェーダー。水中を歩くのは楽しい。 ワカメはどこに生えているんだろうね。

どこだ、ワカメは。

 

海藻はいろいろ生えている

ワカメを探して水中を見ながらウロウロしていると、いろいろな海藻が生えていた。

まず目に付くのが、どうみてもワカメっぽい緑色の海藻。艶、色、質感、どれをとってもワカメサラダに入っているワカメっぽいのだが、これは確かアオサという海藻だ。前回のノリ摘みの時に学習しておいてよかった。

そしてワカメというよりも昆布っぽい、煮て食えば美味しそうな海藻も生えているのだが、ワカメは見あたらない。


ワカメが見つからなかったら、「アオサを食べよう!」という企画に変えようか。 あるいは、「適当に海藻を食べよう!」という企画でどうだろう。

ところでワカメってどんな姿だっけ?

 

ワカメらしき海藻発見!

しばらく海をウロウロして、水深50センチくらいのところでようやくワカメらしい海藻を発見した。

なんとも地味な色だが、確か茹でる前のワカメはこんな色だったはずだ。小学生の頃に図鑑で見たような気がする。


真ん中のヒラヒラしたやつがワカメ。たぶん。

ドキドキしながら、まだ4月の冷たい海に手を突っ込み、ナイフで根本を切ってワカメを収穫。まだ時期が早いからか、ここの水深が浅いからか、採れたのは小さめのワカメだった。

若めのワカメだ!


海水が冷たい! わーい。でも海水が冷たい!

とりあえずそのまま食べてみたが、海水の味だけで、あまり美味しくなかった。


コツがワカメ、いや、わかれば大丈夫

どれがワカメなのかを理解したら、簡単にワカメが見つかるようになった。だいたい5メートル間隔くらいで生えているので、水深が肘より深くない所に生えたワカメだけを選んで(濡れたくない)、ウハウハ笑いながら収穫して歩く。


いえーい。たぶんワカメ。

若めのワカメなので、メカブ部分がちっこいね。

こういう食べられるものを収穫する遊びって、クラゲでもシジミでもマテガイでもワカメでも、なんでも楽しいな。年中こんなことばっかりして遊んでいたいよ。

 

そして携帯を海に落とした

友人とワイワイとワカメを採っていた時、携帯が鳴ったので出ようとしたら、ポチャンと海に落としてしまった。

「あ!」っと思ったけれどよく考えたら防水の携帯だったので全然大丈夫だった。落としたついでに携帯でワカメを水中撮影をしてみた。


防水でよかった。

ワカメの根本を撮ったはず。 だめだこりゃ。

今回は携帯だけを水中に突っ込んで当てずっぽうに撮影したが、ちゃんと自分も潜って液晶を覗きながら撮影すれば、結構ちゃんと撮影できそうな感じだ。今度じっくりやってみよう。

 

ワカメ収穫終了

海に入って1時間もしないうちに、私と友人が食べるには充分な量のワカメが採れたので、今日の収穫は終了とした。採ろうと思えばまだいっぱい採れたけれど、いくら漁業権のない場所といっても、乱獲していい場所ということではないしね。


乾燥ワカメにして200円分くらいだろうか。

さあ、家に帰って早速食べましょう。


  ワカメを食べよう >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation