デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
江戸前オオアサリ(ホンビノス貝)を捕ってきた
好きです。干潟。

初夏の潮干狩りシーズンは、潮時表のチェックが楽しい。休みの日が一番水位が下がる大潮で、さらにお昼頃が干潮だったりすると、つい心ウキウキワクワクしてしまう。

そんな訳で、今年も友達を誘って近くの干潟に遊びに行き、以前DPZでも紹介させていただいたアナジャコマテガイなどのマニアックな生き物を捕って遊んでいたのだが、また一つ、驚くべき新たな生物が砂の中から現れた。

(text by 玉置 豊



干潟遊びは楽しいな

よく晴れた休みの日、友人達と川原沿いの道をダラダラと歩いて干潟へとやってきた。


「The 無邪気」な友人達。

見知らぬオッチャンにアナジャコの正しい捕り方を習ったり、キャーキャーいいながらマテガイを捕まえたりして、力一杯無邪気に遊び惚ける。

干潟って楽しい。


遊ぶときは力一杯真剣に。でもダラダラと。 見ず知らずの方にアナジャコ採りをレクチャーしていただく。
「アナジャコを追うんじゃない、アナジャコを呼ぶんだ!」

 

ちょっとアサリを掘ってみよう

筆と塩を駆使して、アナジャコとマテガイが本日の夕飯分くらい確保できたところで、ちょうど一番潮が引く時間になったので、さらに海側に移動してアサリを掘ってくることにした。


今日はけっこう干潟に人がいました。 アサリを掘る人々。

適当な場所に腰を落ち着け、熊手でガスガスと干潟をほじくってみると、なにやら大きな手応え。

石かなと思ったら、違った。


貝だ。でかい。

子供のこぶしくらいある大きな貝だった。

いや、もしかしたら貝が大きいのではなくて、私の手が小さいのかとも思ってアサリと比べてみたが、やっぱりこの貝が異常に大きいようだ。


明らかにでかいよね。

この貝の名前がわからなかったので、とりあえず「デ貝」と命名。

デ貝は場所によっては結構な密度で埋まっており、ほんの30分程でキロ単位の収穫となった。


いっぱいいるんだ、これが。

このでかい貝、集めたのはいいけれど、食べられるのかがかなり怪しい。泥臭いというか胡散臭い。

 

オオアサリというらしい

ちょっと食べるのが不安なので、近くでこの貝を集めていた人達に聞いてみたら、ここらではこの貝を「オオアサリ」と呼んでいて、アサリと同じように食べるのだそうだ。確かに見た目は大きなアサリだ。

オオアサリとやら、せっかくなので持って帰って食べてみようかな。


本日の収穫:魚屋であまり見かけないシーフード盛り合わせ。

  オオアサリ、食べてみよう >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation