デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
給スイカ所のあるロードレースに参加してきた
 


千葉県の富里市は、スイカの名産地として知られています。

そこで毎年、スイカロードレースという大会が開かれているのですが、普通のマラソン大会でいう給水所に、名物のスイカが並んでいる事で有名です。

走りながら食べるスイカの味やのどごしはどんなものなのだろうか。
きっと家で食べるよりみずみずしく感じられるんだろう・・等と考えていたら無性に味わいたくなったので参加してきました。

(text by ほそいあや



天気はくもり

当日の天気はくもり、気温も25度以下で湿度高め。
走るにはもってこいの日となりました。

混雑を避けるため、会場から1キロくらい離れた駐車場を選び車をとめると、出口付近のテントでなにやら人だかりができています。


なんだろう?

もうスイカ!?
スイカ用の包丁がかっこいい

 

ものすごく甘い!

出場者だけでなく見学者も食べ放題なのがこの大会の太っ腹なところです。毎年スイカが足りなくなってしまうそうですが、今年はめいっぱい用意したとの情報が。

朝から甘いスイカを沢山いただいてしまいました。そして一瞬満足して帰りそうになってしまいました。


スイカ人間に導かれ、会場までの道のりを歩く
あそこが受付か
JAにもスイカ人間
ちょっとかわいい
惑わされないぞ

 

会場に着くと・・

予想していたよりも賑わっています。本気モードの人もいますが、圧倒的にお祭りのノリで参加する人が多い印象を受けました。会場の雰囲気も、家族連れが多く和やかです。
もちろん、そこかしこでスイカを配っていました。

来年は参加しなくても来ようかと思ってしまいます。


夏祭りのような・・
学園祭のような雰囲気

 

受付をすませます

今回私が走るのは、5キロ一般女子のコースです。
ちゃんとしたロードレースに参加するのは初めてのことなので、やや緊張しています。

一応高校時代は陸上部だったとはいえ、最近は週に何回かジムに行く程度しか運動をしていません。スイカに惹かれて参加してしまったけれど、実際大丈夫なのか?

ほのかな不安を感じつつゼッケンをつけ、準備運動の行われる中学校のグラウンドに向かいます。


ゼッケンの端っこをよく見ると
牛乳引換券。水分には事欠かない大会です
中学校の校庭で開会式&準備運動をします
それより校庭の真ん中が芝生だなんて、すてき!

 

周囲から受ける安心

他の参加者の皆さんを見るまでは不安と緊張がありましたが、コスプレをしたり、仲間同士わいわいと準備をしているランナー達に、緊張という文字はどこにもありませんでした。

周囲からの「楽しんでいこう!」というオーラが強烈で、いつのまにか自分もその波にのまれていることに気づきました。これがスイカのパワーなのでしょうか。


天使にみえる

 

富里のアイドルとみちゃん!

そしてなによりこの人が緊張をほぐしてくれました。アイドルらしく写真攻撃にも笑顔で応えています。
その笑顔は偉大だ。
さっきは勝手にスイカ人間と呼んでごめんなさい。

とみちゃんに見送られ、いよいよスタート地点に移動。


走る前からすごい心拍数になっています
仲間同士で走るランナー多し
先頭は富里高校の駅伝部(ユニフォームがスイカ配色)
9:50、スタート!
嬉しいけど音にびびる
楽しくなってきた
近所の人たちも楽しそうです
ここから自然いっぱいコースへ
2キロ地点。和太鼓に勇気づけられる
田んぼの中の一本道。手前のおじさんは…
林さんのあれをリスペクトしているとしか思えない
農家の小道。細いので急に止まると迷惑です

・・・ハイキングコース?

 

息切れピーク

急にスカート姿のおじさんに遭遇し、白昼夢を見ている気持ちになったまま、ゆるやかな上り坂の山道に入りました。

まだ3キロを超えた辺りですが、すでに息が上がっています。なぜかどっと疲れが襲ってきました。おじさんはブラジャーもしてたので、そのせいかもしれません。あれはコスプレの一環なのか?いや、違うだろう…娘さんの遺志とか?いや、どうだろう…頭の中でぐるぐる一問一答していると、意識がもうろうとしてくるではありませんか。

しかし、めげずに走り、広い道に出たその時、目に飛び込んできたものは、ランナー達の人だかりでした。

・・・給スイカ所だ!


あのバルーンは!
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation