デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
Zくんのランプシェードをつくる
奥様趣味です。


最近ランプシェード作りにハマっている。特に人生で何かあったわけではないが、いろいろと手に職をつけたほうがいいだろうと思って始めた。まあ教本を見たりしながら下手なりにちょくちょくやってるわけです。

しかし本の作例どおりに作ってばかりいるのはつまらないので、なにかオリジナル作品を作りたい。さてどんなのがいいか。冷蔵庫?ランプシェードとして新しい。キクイムシ?それが出来たらおもしろいだろう。

そんなことをグルグルと考え抜いた結果、360度ひねくれてストレートにZくんをつくることにした。

(text by 小柳健次郎



まずはZくんの下絵を描く

 まず最初の作業として下絵を描く。題材はZくんなので、Zくんファンの方には申し訳ないんですが、私が勝手にZくんの下絵を書いてしまいました。


こんなかなぁ。

針金で作った球に顔を付けるため、目と口は周りの針金とくっ付いてないといけない。下絵のZくんの顔に線があるのは針金の繋がりなので決して間違えてるわけではないです。

とりあえず下絵はこれで完成として、さっそく制作に取り掛かろう。これらがランプシェードを手作りするための道具と材料です。


大別すると針金と半田の道具が一式。

 

使う針金は銅や真鍮がやわらかくて扱いやすくて良い。アルミとか樹脂コーティングなどしたやつは半田が付かないので使えない。すべて本で得た知識の丸写だ。

 

いよいよ作っていく

 ではZくんのランプシェードをつくろう。本で学んだ作り方は、まず下絵を描き、それにあわせて針金でパーツを作る。そのパーツを半田でくっつけていき、最後に和紙を貼って出来上がり。だったと思う。

というのは本は買ったのではなく図書館で借りたものなので、もう返してしまい、いまは手元にないのでそれで合ってるかはわからない。

でもたぶん作り方はそんな感じだったと思うのでがんばってみます。


下絵にあわせてZくんの輪郭の半分をつくる。球を作るためこれを八本用意しておく。
目も下絵にあわせる。口もつくる。
Zくんは顔のパーツを作るのがすごく簡単なので助かります。
直径6cmぐらいの円を作り、それにさっき作った半分の輪郭を半田で付ける。
それを八本つけた。ワサワサしてる。
さらに直径3cmぐらいの円を作り、先ほどの八本の先端にくっ付ける。

以上の工程により針金の球が出来た。

 ちょっとボコボコだがこれでZくんの元になる球が出来た。次はこれに目と口を付けていこう。ちなみにここまでの作業で4時間かかってます。

 

Zくんの顔を付けていく

 次はこの球にZくんの顔パーツを付けていく。付ける位置を間違えるとZくんではない違うものになってしまうので、ここからの作業は慎重に。


針金を目の大きさだけ切る。切りすぎると取り返しがつかないので緊張した。
そして目を付ける。こういうのを半田付けするときは固定にクリップを使う。
目だけでだいぶそれらしくなった。
口も付け、その他いろいろ補強をしたらようやく骨組み完成。午前3時。

ようやく骨組みが完成した。うれしい。作業開始から5時間もたっている。それでは完成した骨組みを見てください。


Zくんです。

キャプションに「Zくんです」と付けてはみたが、正直言ってZくんかどうかはすごく微妙だ。鼻の下がやけに長いし。

おそらく下絵を描くときにアーチ状に曲がることを想定していなかったからこうなってしまったんだろう。15分で作ったというならいいが、5時間かかってこんな感じだとちょっとヘコむ。

あとダンボールで作った撮影スタジオで撮ってますが全然収まってなくてすみません。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation