デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
鮭を丸ごと一匹買ってしたこと


フランクにゴロンゴロンと売られていたのです。

年の瀬の押し迫った近所の商店街で、魚屋の店先にドドーン!と荒巻鮭が並んでいるのを見た。見てしまった。思わず「うわー」と声が出て、次に出た言葉は「いやー、どうしようかなー」だった。

この「どうしようかなー」は、決して「お世話になった○○さんに今からお歳暮として荒巻鮭を贈ろうかなー」ではなく、もちろん「買っちゃおうかな、やっぱり止めとこうかな」にかかる言葉である。

しかしだ。一人暮らしで丸ごと一匹のシャケを買ったところでとてもじゃないが食べ切れないぞ。いや、でも。

店頭で散々考えた挙げ句、「しばらくはシャケだけで食い繋ぐことになっても本望」という結論に達していた。つまり買ったのです。丸ごと一匹。

高瀬 克子



4千円のシャケ

仕事熱心というか用意周到というか、シャケ一匹を丸ごと買うと決めた時点で「これはデイリーの記事になりそうだ」と判断し、たまたま一緒にいた友人に写真を撮ってもらうことにした。

これはもうドキュメントだ。出来心でフラフラとシャケを買い、それを全て消費するまでの記録なのだ。

このときは、本気でそう思っていた。


いやー、どれにしようかね。
一番安いので4,000円かー。
「ボクを連れて帰って!」と言ってそうな顔。
おう、連れて帰るともよ!

中には6千円近くするものまである。が、私に買えるのは「この中でいちばん安いシャケ」であり、それには4千円の値札が付いていた。

同行者が朗らかに「マズイから安いんじゃないの?」と口にしたところ、お店の人に速攻で「違うの! 重さで決めてるの!」と訂正されていた。ですよねぇ。

それにしてもシャケ一匹に4千円か…。でもここから20〜30の切り身を作ったなら、それは一切れ200円前後のシャケとなるわけで、そう考えると特別に高い買い物でもないような気がしてくる。うん。やっぱり買いだ。

「ご自宅用ですか?」という質問に胸を張って「はい!」と答え、簡単な包装をしてもらって店を出た。

 

歩いてるだけで気分が高揚

新巻鮭はブラ下げて保存できるように口のところに縄状の物が付いているが、それを手に引っ掛けて運ぶのは困難であることが分かった。重さで指が痛くなるのだ。


で、シャケってどうやって持つのがベストなんだろう。
横にするべきか。いや、これでも手が疲れるな。
それとも肩に乗せるべきか…。あ、これはラクだ。
結果、この方法で持ち歩くことに決定。

肩にシャケを乗せたまま街を歩くのは、なかなか気分が良かった。高価な買い物をしたあと独特の高揚感と、これから好きなだけシャケを食べられるという期待感。

…いや、違う。正直に言おう。この時は「ハイ、街の皆さん注目! シャケを一匹丸ごと買っちゃいましたよ! 4千円もしたんですよ!」という見せびらかし感が完全に勝っていた。早い話が自慢である。


スタバの前を自慢気に歩いたが、どうやら中の人には不審がられていた模様。
またしても不審者扱い。…みんな、羨ましくないのか!

確かにシャケを肩に担いだ女が意気揚々と、しかもヘラヘラと笑いながら歩いているのを目撃したら、それは羨ましいどころの話ではなく「心配」の二文字が真っ先に頭に浮かんで当然かもしれない。

でも、この時の私は完全に冷静さを失っていた。


ちょっとお茶でも飲みましょうか。あ、でも暖房の効いた店内だとシャケが傷んでしまうわね。
寒いけど、テラス席で我慢しようね。
膝掛け用の毛布があったので、
「よしよし、寒かろうにねぇ…」とシャケに毛布をかけるという小芝居まで。

…明らかに常軌を逸している。いわば「シャケハイ」といったところだろうか。

コーヒーを飲みながらも視線はブラ下がったままの4千円の値札に注がれ、かと思うと「どうやって食べてやろうかなー」とボケーと空を見つめたまま考え事を始める。ふと我に返ると値札を見つめて再びニヤリだ。


えへへへ、4千円。
やっぱり頭の部分は鍋に入れたいよねぇ。ポワワワーン。

寒空の下、こんなことばかりしていたのが災いしたのかもしれない。数日後、私と4千円(のシャケ)に悲劇が待ち受けていた。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation