デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

ちしきの金曜日
 
そうめんつゆに入れてうまい缶詰はどれだ

これがいちばんフォトジェニックだった

1年前当サイトに載ったそうめんの記事で、そうめんにツナを入れるという記述があった(「ざるに絵を描く」)。

実はあれでそうめんにツナを入れる食べ方があるのを知った。翌日、さっそく家でそうめんにツナを入れてみた。うまい。

最近知ったのだが、そうめんつゆにサバ缶を入れる食べ方もあるらしい。それも試した。これもうまい。

要はそうめんには缶詰なんじゃないか。

林 雄司



ヨーカドーで目についた缶詰を買ってきた

ツナ缶とサバ缶はうまかった。ということはきっとある程度あぶらっぽい缶詰がうまいに違いない。オイリーであることが大事なんだろう。

以前取材したバターかけそばを出している店の主人も言っていた「うまいものはあぶらだ」。もしかしてそれがこの記事の結論なのではないかと思いながら手元には缶詰が10種類以上ある。

DSCN2687.JPG

自宅の簡易スタジオ(カレンダーの裏紙)にならぶ缶詰

たとえ結論が「あぶらっぽい缶詰はうまい」だったとしても、ふたつ食べて導かれたものと、10種類試したうえで出た結論ではまったく迫力が違うものになるだろう。バックスイングが違うというものである。

迷う気持ちを断ち切るように大量のそうめんをゆでた。

DSCN2687.JPG

壁紙サイズにはなりません


つゆにぶち込みます

手始めにかにみそを入れてみよう。そうめんにはあり得ない豪華さである。

豪華=カニという発想から逃れられないところに己の限界を感じる。特別感を出したい時、おかずなら「カニ入り」、まんじゅうなら「栗入り」、コーヒーフレッシュならば「生クリーム入り」である。前世のカルマだろうか。

DSCN2687.JPG

僕はたまにカニでアレルギー起こすことがあるのでドキドキです

DSCN2687.JPG

見たことない紙が入っていた

DSCN2687.JPG

入れました


小さい写真でどうぞ

躊躇する気持ちを小さくなる写真で表現してみた。かにみそを入れたらおいしいとかおいしくないの前に見栄えが良くない。しかもわりと想像通りである。そばつゆにかにみそいれましたね、というルックスである。

ちなみにほかの缶詰だとこうなる。

DSCN2687.JPG

ホタテの貝柱を入れた

DSCN2687.JPG

サンマの蒲焼き入れました

そのままだ。これだけ情報量の少ない写真も珍しい。つゆの写真を多くしようかやっぱり要らないか決心がつかないが、イントロはここまでにしてレビューを開始したい。

興味があるものをクリックしてもいいし、順番に見ていってもOKですぜ。

つぎへ >


DSCN2687.JPG

かにみそ

DSCN2687.JPG

ほたて貝柱

DSCN2687.JPG

さんま蒲焼

DSCN2687.JPG

コンビーフ

DSCN2687.JPG

スルメイカ

DSCN2687.JPG

ツナ

DSCN2687.JPG

ロブスター(ペースト)

DSCN2687.JPG

オイルサーディン

DSCN2687.JPG

かき

DSCN2687.JPG

いかの塩辛

DSCN2687.JPG

カレイの縁側

DSCN2687.JPG

さば水煮

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation