デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
マタギの隠れ里


家でこっそり読んでた『かくれ里』本

かねてより興味のあった隠れ里に行ってきた。文字通り外界との交流少なく古来よりひっそり暮らしてきた里のことだ。

のどかな里にほうほうと恍惚のため息を漏らしてきたものの今となって後悔が芽生えてきた。

記事を読むのが昼休みのサラリーマンならまだしもOLが隠れ里を見てほーうとあごひげに手をやるのか…う〜ん、第一あごひげがない。

あごひげ生やそう。それか借りよう。今日ばかりは部長のあごひげをなでながら隠れ里を見ていこう。

大北 栄人



トンネル抜ければ体験



この秋田内陸縦貫鉄道が山ばかりのところを走る。こんな山の向こうに集落があるって誰が思うだろうか。

千と千尋の神隠しだという

秋田縦貫鉄道の笑内駅近くにこの根子という集落がある。秋田に旅行に行ったとき、ここを紹介する役場のパンフレットを発見した。

あ、これ近いのか。隠れ里行きたいけど、記事にするには地味なんだよなー、と悩んでいたところ、役場に勤めるという知人から「いいよ〜、根子。トンネル抜ける千と千尋の世界。」と推してもらった。

それはいい。『千と千尋の神隠し』が実際にあった!という話ならキャッチーだ。マタギの里だとかここから旅マタギが派遣されてったのだとかは黙っておこう、と思って行ってきた。


笑内(おかしない)駅から1.5kmと徒歩圏内だが今日は車で
一車線分の狭さで600mの長さというトンネル体験もそうない

トンネルを抜けるとそこは…
顔ハメがあって…
顔ハメを抜けるとそこは…

里があって別世界!トンネル抜けると顔ハメあって、顔ハメ抜けると隠れ里!

顔ハメを抜けると隠れ里であった

ハロー、根子。これが知人が言ってた「千と千尋の神隠し」「伊豆の踊子」体験だった。トンネルの圧迫感と抜けた時の開放感がすごい!

そこに四方を山に囲まれたぽっこりお里。ちんまりとしたかわいらしい集落であるが、そのうえマタギの里なのだ。プハーッ!もういい!今日は今から一杯やっとくんな!

「やってまーす」

まだある。マタギの里であるがうえに、なんとここは源氏と平氏が落ち延びた里なのであってさあやめだ!仕事は終わりにして家で晩酌しながらこの隠れ里をもう少し見て行こう。


昭和50年このトンネルによって集落が外と太くつながった

このトンネルはとにかくすごいんだということを書いた碑

昭和50年にこのトンネルができるまでは…

隠れ里だ、千と千尋だ、といわれるのはこのトンネルのおかげではないだろうか。集落の規模からすれば重厚で立派なトンネルである。

狭さか質感のせいか反響音が半端ない。アッと声を出すと何重にも響いて怖いくらいだ。こんなのだ↓

うはー、おもしろー、と入口で遊んでいると、奥の暗闇からなにやらゴラゴゴゴと重戦車の音が聞こえてきた。戦争だ。戦争が始まったのだ。


グォゴゴゴゴゴォ…と戦争の音がすると思って逃げて構えていると

ワーッ!わりと普通の車!

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation