デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
マスクマン飲み会


 

前に「プロレスマスクは非日常の入口」というプロレスのマスクを作る職人さんのインタビュー記事を書きました。あれ以来あらためてマスクが気になってしょうがなく眠れない…とまではいかないけど、さらに気になるようになったのは事実。ならばもうかぶるしかない!

といっても日常でかぶるにしろ、自分は自宅作業多い身だからなあ。部屋でぽつねんとマスクマンがひとり作業してるのもさみしい。よし、どうせならみんなでかぶろう!ということでマスクマン飲み会を開催してみました。

大坪ケムタ



続々集まる仮面貴族たち

自分の周りにもマスク持ってるプロレス好きはいるけれど、普通に呼びかけても「おなじみのメンツ」になって面白くない。どうせなら「まさに誰が来るかわからない(覆面座談会、とかの意味での)リアル覆面状態」が面白かろう、と、とりあえず自分のツイッターで参加者を募集してみました。誰が来るのか全部知ってるのは俺だけ。ふふふ。


こんな感じで告知してみました。

とりあえずマイマスクとして用意したのはこの2点。フルで隠れるタイプと、口オープンタイプ。飲み会というか食事を考えると口開いてる方が有利だよなあ。

普段はこんな感じで物置に鎮座してます。
左は口元メッシュタイプ。これじゃ食えん!

応募して集まったのは自分も含めて10人。先に書いたとおり「誰が誰かわからない覆面飲み会」にするために、先に伝えといたのは「入り口でマスク被ってからお店に入ってきてください」ということ。自分で指示しておいてナンですが、ハードル高いよなあ。にやにや。

ヘルメット被ったコンビニ強盗みたいなもんと間違われるようことがないように、もちろん居酒屋側には事前に説明しておきましたよ。


まだ平穏な居酒屋店内。

いち早くカメラ等の用意をするべく店内で待機。しかし自分がマスクかぶるとなると、何より問題なのがメガネ!とりあえずマスクはメガネかけて付けるように出来てないだけに…。みんなどうしてくるんだろ。

と、手間取ってる間に誰か来た!マスクマンだ!


あれ、ドアの奥に…スーパースター登場。

自然に入ってきてるけど不自然。

一番手に赤いマスクマン(マスクドスーパースターモデル)が登場!今回飲み会を開催させていただいたエビスコ酒場さんは昭和レトロ調のインテリアのお店なんですが、それと合ってるような、合ってないような。とりあえず「妙」なのは間違いないですが。

伝えてたとはいえ店員さんも驚く。

「いやー、誰かいてくれて良かったですよ!一番怖いのは入ってきて知ってる人がいないことですよ!」と語る赤マスク。たしかに…それでひとりぽつねんと待たされるのは結構過酷だ。それもプロのマスクマンの人からすると「マスクマンあるある」なのかもしれないが。

といって集団なら集団で、他の客席から静かに注目されてる感が…。心理的にはまだ人数いる方が心強いけれど。


そんな間にも西から東からマスクマンたちが集結。

お客さん&店員さんも徐々に慣れてきました。「あ、また来た」くらいの。

さてそろそろ人数が揃ってきましたよ。全10名来る予定だけども、あとは遅れそうなので8人集まったところで始めちゃいましょう。ふく面ワールドリーグ…ではなく、覆面飲み会の開始です!

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation