デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
50年前のガイドブックに載っている店巡り


昭和38年に出版されたガイドブック

美味しい料理を出しているお店を紹介しているガイドブック。
さまざまな出版社から出版され、本屋に行けばずらりと並んでいる。

そんな本は50年前もキチンと存在している。
「どこどこのお店が美味しい」や「なになにがオススメ」など内容も今と変わらない。違うのは掲載されているお店だ。現在のガイドブックには今の、50年前のガイドブックにはその当時の流行のお店だったり、オススメのお店だったりが載っている。

50年前のガイドブックに載っているお店は今はどうなっているのだろうか。当時のガイドブック片手に出かけてみることにした。

地主 恵亮



正確には48年前のガイドブック

古書店で「東京うまい店二00店」というガイドブックを見つけた。内容は書名からも分かる通り、東京で美味しい料理を出しているお店が掲載されている。「そば」や「日本料理」、「天ぷら」などカテゴリー別に載っているあたりも、今のガイドブックとあまり変わらない。


名前の通りの内容の本

昭和38年に出版された

出版されたのは昭和38年。今は2011年だから48年前ということになる。約50年前だ。かなり古い。ケネディ大統領が暗殺された年であり、アニメ「鉄腕アトム」の放送が始まった年でもある。僕(25歳)が生まれるずっと前の話だ。


当時350円(僕は古書店で1400円で買った)

今回はこの本に載っているお店に何件か行ってみようと思う。果たして今も残っているのだろうか。本にはそのお店が出している料理の値段も載っているのだけれど、お店が残っているとすれば、その値段はどのくらい変わっているのだろうか。興味がどんどんと湧いてくる。早速行ってみようと思う。


まずは渋谷にやって来ました!

お茶漬け「瓢箪亭」(渋谷)

この本には「寿司」や「とうふ料理」などと並んで「お茶漬け」というカテゴリーがある。現在は「お茶漬け」がメインというお店はないのではないだろうか。

しかし、当時はあったのだ。
しかも場所は若者の街「渋谷」。本には「この店ほどめざましく発展した店はない」とまで書いてある。当時はかなり繁盛していたことがうかがえる。


お茶漬けがメインのお店

当時のメニュー

地図が手書き(三平の横に「瓢箪亭」はあるらしい)

本に載っている地図を見ると、渋谷の顔とも言える「109」がまだない。その場所には、「森永キャンデーストア」なるものがあったようだ。

地図が手書きな上に目印となる建物が少ないのもこの本の特徴だ。「プリンス」とは何なのだ。「三平」とは何なのだ。この地図を頼りに現在の渋谷で「瓢箪亭」を探す。


こんな場所に今も「お茶漬け屋」はあるのだろうか?

当然のように迷う

お茶漬け屋の現在

僕がもともと地図を読めないのもあるがやっぱり迷った。
地図が簡単すぎる気がする。しかし、ウロウロしていたら地図にあった「三平」を発見した。今もなお「三平」は残っているのだ。ちなみに「三平」は居酒屋だった。


歴史ある居酒屋ということになる

「三平」はこの本では紹介されていない。
地図に名前が残っているだけだ。それなのに今も残っている。ということは「瓢箪亭」もあるのではと期待が高まった。「三平」の隣にお茶漬け屋の「瓢箪亭」はあるはずなのだ。


ない!(出会いカフェになっていた)

本によれば「瓢箪亭」の入り口は一間あるかないかの狭さだったそうだ。驚くことに、その狭さは今なお健在だった。

問題は、お茶漬け屋ではなく「出会いカフェ」になっていたことだ。やっぱり50年も経てば存在しなくなっているのだ。今では男女が出会う「出会いカフェ」である。


当時の店構え(お茶漬け屋)

現在の店構え(出会いカフェ)

「瓢箪亭」は無くなっていたけれど、三平は残っていたし、「瓢箪亭」の前にある「プリンス」も残っていた。「プリンス」はビルの名前らしい。あの地図を見る限り「瓢箪亭」の周辺は実は変わっていないのだ。変わったのは「瓢箪亭」がないこと。変わらなくていい部分が変わっていた。


プリンスも健在!

そば「藪蕎麦」(神田)

次はこの本で一番最初に紹介されているお店に行くことにした。それは蕎麦屋で神田にある「藪蕎麦」という店だ。本には立派な門構えの店だと書いてあり、値段を見ると「せいろ」「かけ」は80円となっている。今もあるのだろうか。


確かに立派な店構えだ

安いな〜

相変わらず手書きの地図

地図を見ると最寄駅は「須田町」ということになる。
しかし現在は「須田町」という駅はない。これは当時走っていた都電の駅名だ。そして「交通博物館」も「シネマパレス」も今はない。結構変わっているようだ。


神田駅から向かう

地図にあった中央社も無かった

中央社があった場所には住友不動産の大きなビルが建っていた。しかし郵便局は今も残っているので、今回は迷わずここまで歩くことができた。さて「藪蕎麦」は残っているのだろうか。


残ってた!(食後に撮った写真)

早速食べます! >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation