デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
意外材料食品を探る

外国の意外材料食品たち

ここまで日本の食品について紹介してきたが、ここでは外国のものについて探ってみたい。では早速、問題を出そう。

 


普通だけれど普通じゃない

見た目としては「オムレツのケチャップがけ」となるだろう。それで間違いはない。その認識そのものはそれで合っている。卵は卵だし、ケチャップはケチャップだ。では、どこが意外材料食品なのだろうか。


いかにもアジアンな店構え
缶ジュースの売り方が新鮮

やってきたのは錦糸町にある「フードコレクションアジアやおしょう」というお店。

店内にはアジア各国から輸入された食品がぎっしりと並んでいて、眺めているだけでも楽しい。中でも面白いと思ったのは、缶ジュースの販売形態。3〜5本がスチロールのトレイにパックされているのだ。

見たことない売り方。向こうでは一般的なのだろうか。


よく見ると普通じゃないのがある

充実しているのは調味料関係。様々な瓶詰や缶詰が並ぶ中、写真はケチャップのコーナー。日本では見慣れないメーカーのものも、おなじみの会社のものも肩を並べている。

よく見ると、おかしなものがあるのがわかるだろうか。


なんで君がそこにいるんだい
赤いけどバナナ

バナナケチャップである。パッケージにはしっかりと「本物バナナを使ってまっせ」という表記もされている。

フィリピンからの輸入品であるこのバナナケチャップ。かの国では人気商品のようで、ごく一般的な食品らしい。ネットで調べると、トマトのものより安価で親しまれているとの情報もあったが、この店では同じ量の同じメーカーのもので比べて、バナナケチャップが283円、トマトケチャップは157円という売価。ここではバナナケチャップの方が高級品なのだ。


パッケージにある平たいバナナそのものもあった

「ケチャップにバナナっておかしいだろ」と思うところだが、そもそも「ケチャップ」という言葉の意味は、「野菜や魚などを原料にした調味料」というものらしい。とすると、バナナケチャップも「ケチャップ」を名乗って問題ないことになる。

しかし、やっぱりポピュラーなのは何と言ってもトマトケチャップで、世界的に見ても普通にケチャップと言えば、トマトケチャップを差す物であるらしい。このバナナケチャップは着色料で赤く色をつけているが、やはりそれはトマトを意識してのことなのかもしれない。


あのバナナがこうなるとは
見た目は普通にトマトケチャップ

ではこのバナナケチャップオムレツ、食べてみよう。…一般的なトマトケチャップと異なるのは、酸味が少ないこと。それゆえに、甘みの方が際だって感じられる。

普通のケチャップのすっぱさが苦手な人でも、これならいけるかもしれない。広義で考えると、ジャムのようでもある。パンに付けて食べてもおいしそうだ。

 

外国の意外材料食品、続いてはこちら。


普通においしそう

卵や葉物野菜、ネギの乗ったラーメン、に見えると思う。

先ほどの問題は「ケチャップオムレツ」で間違いなかったのだが、今回のはラーメンではない。実は麺が違う。バナナケチャップと同じ店で見つけたものだ。


こうして見てもラーメンだが
その正体は豆腐

中華食材として扱われていたこれは、干した豆腐を細切りにしたもの。パッケージ裏面で材料欄を見ても、基本的には大豆しか使われていない。

この細切り豆腐、以前中華料理店の前菜として出てきて食べたことがある。香りのある油で香菜と和えられたその料理は、とてもおいしかった。


ラーメンを擬態する豆腐

今回はそれを汁に入れてラーメン風にしてみた。食べてみると、明らかに麺とは食感が違う。

つるつるした食感はなく、モソッとした感じ。それが悪いわけではないのだが、見た目でラーメンをイメージしてしまっているので、かなりの違和感がある。

それでも、噛みしめるとにじみ出てくるのは豆腐の風味。一度「ラーメンじゃないんだ」ということを飲み込んでしまいさえすれば、おいしく食べられる。

ここまでいくつか「意外材料食品」を紹介してきた。続いてはお菓子のカテゴリーで探ってみよう。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation