デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


特集 2月のテーマ:愛



フェティッシュの月曜日
せつないライブカメラリンク集

「はじめてのおつかい」というテレビ番組がある。
おさない子どもがおつかいに行く。はじめての体験、大人の世界に混じる緊張。子どものころの濃密な毎日を思い出させてくれる。

ああいうのが「愛」だ。

大人になったけど、「はじめてのおつかい」がしたい。大人だけどまだ買ったことがないもの、どこに売ってるかわからないもの。そういうものを買おう。

途中でお金をなくしたり、泣き出す弟(いないけどな)の手を引いて励ましたり、犬に吠えられたりしながらも達成したい。

(text by 林雄司

僕が欲しいものはなんだっけ?
   

おつかい1:株を買う  
このあと警備員が出てくる

アフリカに思いをはせる

たくさん資料をもらいました

大人のおつかいとしてリストアップしたものは以下の通り

・株
・銀行でお金を借りる
・省エネスーツ
・剥製
・なんか子どもがよくはいてるローラーがついている靴

新しいゲームボーイがほしいので銀行でお金を借りたかったが、銀行員のしごとを邪魔しているのが明らかなのでやめた。剥製はネットで調べたら売ってる店がたくさんあった。

警備員に怒られる

じゃあとりあえず株を買おう。会社の近くにある証券会社に行く。

入り口で写真を撮っていると警備員が出てきた。
「なにやってるんですか?」
「あ、いや、はじめて株を買うので記念に写真を……」
警備員の隣には社員が立っていた。警備員が社員に説明している
「記念写真だそうです!」
はじめてのおつかいらしいちょっとしたハプニングだ。

とても親切な対応

カウンターで説明を聞く。

「いま売り出し中なのはこのアフリカ開発銀行の債権です」
「アフリカにあるんですか」
「いや、アフリカにはないんです」

かみあわないまま説明は2時間にも及んだ。結局、資料をもらってもうちょっと考えます、と言ってしまった。
なんというへたれっぷり。

はじめてのおつかいでも、店に行ったけど買えないで帰ってきたなんてパターンはない。子ども以下だ、僕は。


▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation