デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
1年で14日間だけ観光地になる町
埼玉県日高市にある巾着田という一帯。日本一の曼珠沙華(マンジュシャゲ、ヒガンバナともいう)の群生地だ。季節が来ると約100万本の曼珠沙華という曼珠沙華がいっせいに開花する。

その咲きみだれぶりが10年ほど前からテレビやラジオ、新聞などで話題になり、毎年9月の中旬から下旬までのシーズンにはどっと観光客が押し寄せる。

実は、この巾着田の最寄り駅である西武秩父線高麗駅、私の地元の駅である。いつもは何の変哲もない普通の駅が突如としてこの時期だけ観光地に変わるてんやわんやは学生時代毎年体験してきた。

今回はおらが村のそんな1年に一度の観光景気ぶりをお送りします。If、もしも…、自分の家の最寄り駅が突然観光地になったら…、想像しつつ読んでいたらければ幸いです。

(text by 古賀 及子



山間にボコボコ立つ家々(右側)

池袋にて山手線の車窓からものぼりを発見

池袋駅でおらが駅への臨時電車接続のアナウンスが!みなさんも、ターミナル駅から自分ちの最寄り駅に着く電車が出ているところをご想像ください!!

ごくごく普通の駅なのに

西武秩父線、高麗駅。山に囲まれ、ハイキングや遠足で訪れる人も多い。が、駅利用者の大半は駅を降りて南側の団地の住民だ。

山の斜面にずらずらずらずらっと約2,000戸の家々が立ち並んでいる。もともとこの辺りに住んでいた世帯の他に関東近県から新しく引っ越してきた世帯も多い。私の実家もそのうちの1軒だ。

池袋までスムーズに行けば1時間強と微妙に通勤可能な都会へのアクセス具合で、学生時代は都内へずっと実家から通った。父も一時は築地の会社まで2時間半かけて通っていた。いわゆるベッドタウンというわけだ。

そこへ、まさに台風のように9月の曼珠沙華開花期間、観光客の皆さんが大量に押し寄せる。

私が高校生のころはハイキングルックの人々がひしめく駅のホームに制服で降りるのがどうも恥ずかしかった。東京に近いけど東京じゃない埼玉っこゴコロを絶妙に刺激されたのだ。

観光地に住む人がその名所に行ったことがない法則の例に漏れず、私も結局曼珠沙華を見に行ったことは一度もない。その後、都内に引っ越してきてからは曼珠沙華シーズンの帰省もなんとなく避けてきた。

今年は例年にも増して大変なことに

9月中旬。今年もそんな地元駅大混雑シーズンがやってきた。

今年はまた例年に増して力の入った観光客誘致が行われているらしい。実家の家族による報告では、駅も曼珠沙華開花に合わせて改修作業がアテネばりの急ピッチで完了したそうだ。

気合い十分。町は頑張っているのだ、私も大人になったことだし、いい加減目をそらさずにその様子を直視しなければいけない時期にきているのかもしれない。重い腰をあげ、恐る恐る初めての群生曼珠沙華目撃を決意した!

電車の行き先もウチの地元駅名が!この幕わざわざ作ったの??
そして高麗駅。早速ざわざわ
横断幕、どかーん、人、わさーっ

帰りの切符を咲きにお求めくださーい
切符販売機が銀行のATMみたいに

はじめて来る人は面白がってくださる将軍標。曼珠沙華シーズンを目前に9/3、ギリギリ完成

ここは本当に私の故郷なのか

分かってはいたものの、電車はすごい人だった。普段は駅に着くと、ぱらぱらと降りてくる人達の中に同級生がいたりして「わあ、久しぶりー!」「どうしてんの?今?!」と盛り上がって、そのまま一緒に帰ったりするものだが、ハイカーの皆さんという濁流の中、同級生がどこにいるのかも分からない。おおい、私はここだよう。

「あ、こっちこっち!」

濁流の中から母が私を見つけてくれた。私が曼珠沙華を見に行くというと一緒に行くというので駅前で待ち合わせたのだ。

「来るの今日でよかったわよ。土日はもう混んじゃって混んじゃって大変。もうしっちゃかめっちゃか」

駅の方に確かめてみると、ハイシーズンの土日の駅利用者は毎年マックスで3万8千人ほど。普段が3,800人だというからきれいに10倍。

10倍。そりゃあ確かにしっちゃかめっちゃかにもなろう。普段の駅利用者1名に対し9名の観光客である。なんだ、この感じる必要もない重荷感は。

さて、そんな駅前、意外にこれがデフォルトで観光地チックな造りになっている。改札の前は広場で、ここに赤い顔がついたポールが2本。見慣れているもので何も感じないのですが、将軍標と呼ばれる朝鮮の村によく見られるものらしい。「高麗」というだけあって、韓国とゆかりの深い土地柄なのだ。

広場は普段このポールがどかーんと建っているだけで寂しさもひとしおなのだが、なにせ高麗駅あげての年に一度の本気どき。そんな本日の状況が下の写真だ。

テントたてまくり、出店でまくり。祭りである。

トイレも急ピッチで完成。古いトイレがあった場所は臨時改札になってた
普段は何もない駅前なんですが…

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation