デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


フェティッシュの火曜日
 

知らない人の結婚式の二次会に混ざる

おまえ、誰?


休日だけどスーツにネクタイで出かけた。なぜなら結婚式に出るからだ。

知らない人の。

まったく知らない人の結婚式の二次会に潜入し、どこまでなじむことができるだろうか。自分の社会性をかけてチャレンジします。

ともあれ、結婚おめでとう!知らない人。
林 雄司


最初の難関、受付。
僕からのメッセージ。まだ見ぬふたりへ。
始まる前、談笑してます
僕はひとり

新郎の知り合いということで

とはいえ、知らない人の結婚式の二次会に入るのは緊張する。つまみ出されたらどうしよう、考えは暗いほうに加速する。「新郎のり合いの林と申しますが…」と受付で言うせりふを練習して会場へ。

僕:「あのー、わたくし…」
受付の女性:「こちらに名前を書いてください」

いいわけをする必要もなく、あっさり入場できた。来場者リストもなかった。よかった。

受付はメッセージカードになっていたので祝福の言葉を記入。おめでとう。知らない人。イラストもつけておいたよ。

別にただ食い企画ではないのでちゃんと会費8500円を払いました。

 

心細いな…

会が始まるまでしばし待つ。当然のごとく、ひとりだ。ときどき、「あいつ、誰だっけ?」という感じで見る人がいる。新郎の知人は新婦の知人だと思い、新婦の知人は新郎の知人だと思っているだろう。でも正解は他人。どちらでもない。善意の第三者だ。

こういうパーティーの場でひとり、というのはいつものことなのだが(知り合いがいても)、ひまだ。ここで気持ちが閉じてしまうとなじむことができない。開いていかないと!気持ちを開いて。

「あー、あー、あー」

ひとりで声を出して気合いを入れる。よしゃ。なじむぞ。

ここで緊急事態発生。新郎が一次会で飲み過ぎてダウンして遅れるという。新婦だけ入場。大丈夫だろうか。知らない人。

恩師の挨拶の乾杯で宴ははじまった。

主役の登場。はじめて会う。
かんぱーい

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation