デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
眠気をぶっ飛ばせ!

毎日毎日、とにかく眠くてたまらない。
眠くない日など1日もないほどに眠い。とにかく眠い。年中眠い。病気だろうか。

それでも働かなければ食べていけないので、這うようにして職場へ向かうが、電車で座れると即座に寝る。朝から寝過ごすのはザラだ。

どうしてこんなに眠いんだろう。もっとシャッキリした状態で仕事がしたい。この原稿だって、クリアな頭で書きたい。

とにかく、眠気をどうにかしたいと思います。

高瀬 克子


寝てばかりもいられない

夜更かしには自信があるが、朝はからっきしダメだ。何時間寝ていようが、ツライものはツライ。ギリギリまで寝ていて、家を出る20分前に弾かれたように飛び起きる日々。


布団を直す時間などあるわけがない

そういえば以前、31時間寝続けたことがある。2度の食事とトイレ休憩を挟み、目が覚めたら日付が1日飛んでいた。

友達には「あんたの人生、短そうね」と言われるが、あのときは本当に幸せだった。とにかく寝てさえいれば幸せなのだ。本人が幸せならば、それでいいではないか。文句ありますか。

だが、そうも言っていられない。温かいベッドで寝るためのお金を稼ぐために、今日もキビキビと働かなければならない。

 

民間療法からスタート

■ツボ押し(指)

というわけで、まずはお手軽に、巷で言われている眠気ざましの効果を試してみたいと思う。

まずはオーソドックスに「ツボ押し」でご機嫌を伺ってみましょう。


このへんにツボがあるらしいです

眠気を払うツボは、中指の爪から2ミリほど下にあるらしい。ここをグイグイと押しまくる。

…これは、果たして効いているのだろうか。ツボ押しには即効性があるのかどうか、イマイチよくわからない。ジワジワ効いてくるとしたら、いつ頃だ? 気が付いたら寝てた、なんてことはないよな?

ちなみに今現在、眠気のほどはMAXだ。少し頭も痛い。ここが会社だったらアウトだ。たぶん船を漕いでいる。

効き度:★☆☆☆☆

  効果が分かりづらいが、手軽に出来るのがいい。
なんといってもタダだし。

 

■ツボ押し(頭)

どうやら、頭の天辺にも同じ効果のツボがあるという。大塚美容整形外科のサイトに、そう書いてあった。


手芸用品の千枚通し。凶器ではありません
先端を見て恐怖をあおりながら、柄の方で頭頂部をグイグイ押します

おお、これは痛い。自分でやるとどうしても強さを加減してしまうので、誰かに押してもらうのがいいかもしれない。

効き度:★★☆☆☆

  痛さで、否応なく目が覚める。
ただし押すのは、ツボじゃなくてもいいような気もする。

これは結局「眠いときは誰かに殴ってもらえ」ということなのか。いやいや、そういうことじゃないだろう。

もっと効率的に、痛さを味わうことなく眠気が吹っ飛ぶ方法を探していきたい。



 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation