デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
指輪を拾いたい
今から15年前、「101回目のプロポーズ」というドラマがあった。武田鉄矢さん扮するちょっと冴えない中年男が、どう見ても不釣り合いな美女(浅野温子さん)に惚れてしまい、命がけのプロボーズを繰り返すうち最後には見事結ばれる、というストーリーだった。そのラストシーンで、武田鉄矢さんは偶然道ばたに落ちていたナットを婚約指輪の代わりに浅野温子さんの指にはめてあげるのだ。

よくもそんなに都合良くジャストサイズのナットが落ちていたものだ。

などと、15年も前のドラマに突っ込むつもりは毛頭ない。
そういうのって、素敵じゃん? ロマンティックじゃん?

僕も自分サイズのナットを拾って指輪にしたい。


(text by 住 正徳



工事現場にお邪魔して

とはいえ、そうそうナットなんて落ちてない。ましてや自分サイズのナットを道ばたで拾うなんて奇跡に近い。だったらナットがいっぱい落ちてそうな場所、工事現場で探してみればいいのではないか。


都内某所の建築現場

知り合いの工務店にお願いして、ナウ・オンな現場への立ち入り許可をいただいた。場所を特定させない、作業の邪魔にならない、怪我をしない、という条件の元、都内某所の工事現場を案内してくれた。地下一階、地上4階建てのビル建築現場である。


お昼休みを利用して

作業の邪魔にならないよう、お昼休み限定で指輪を探す。

お昼ご飯に向かう職人さんたちと入れ替わりで現場に入った。さっきまでの作業の余韻で現場内は塵と埃が舞っている。


自分サイズのナットを探す

探し方は単純だ。落ちているナットを片っ端から左の薬指に合わせていく。それだけである。全部で5フロアもあるのだ。手際良くやっていかないと間に合わない。

と思っていたのだが、フタを開けてみるとあまり落ちてないのだ……。

ボルトとナットはペアであって、工事現場にナットだけが落ちているって事はあり得ないのかもしれない。プラモデルを作った後に、何かネジが余ってるけどこれなんだろう、みたいな状況が建築現場にあってはならないのだ。


固く食い込んではずせないナット これは少し小さい
いいサイズだがはずしたらダメっぽい 指が入る穴を見つけたが、指輪にはならない

つくづく「101回目のプロポーズ」の再現が難しい事を実感する。
そもそも何で今更「101回目のプロポーズ」を再現したいなんて思ったのだ。

あ、そうだ。そういうのって素敵だし、ロマンティックだからだ。

実現が難しい事こそ、それが叶った時の喜びは大きい。物事はあきらめた時点で終わってしまうのだ。「101回目のプロポーズ」にはそういう教訓があるに違いない。

もう少し探そう。


おっ、ナット発見! でも小さ過ぎる
これも小さい これも入らない

あきらめなかったご褒美に、立て続けに3つ見つかったがどれも全然小さい。薬指はおろか小指にだって入らない。
探し始めてから30分が経過してしまった。


見つからないよー

あと30分でみんなが戻って来てしまう。
場所を地下へと移す事にした。




 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation