デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
川越の東京、東京の川越
川越の霞ヶ関。

 川越は池袋から東武東上線で40分くらいの所にある埼玉県の地方都市。かつては運河で江戸と繋がっていた関係から川越城の城下町として栄えていたという。

そして今もなお小江戸と呼ばれ近場の観光地として賑わっている。

 僕は8年ほど川越に住んでいたのだが、その頃から気になっていた事が一つある。それは、やたらと東京っぽい地名があるという事だ。

今日は、そんな川越にある東京について紹介したいと思います。

(text by 松本 圭司

■今回紹介する5つの東京

 今回は、川越に潜む5カ所の東京を紹介をしたいと思います。霞ヶ関、新宿、田町、大手町、新富町です。それでは自由な順番でご覧ください。


■霞ヶ関
 東京の霞ヶ関といったら言わずと知れた官庁街。警官だらけの街と川越の霞ヶ関を比較します。
■新宿
 日本一の繁華街、歌舞伎町がある新宿。そんな新宿が川越にもあった!!

■田町
 実はどっちも全然馴染みがないって言うか、東京の田町って初めていきました。困った。書く事あるかしら。
■大手町
 新聞社や銀行など、なんだか頭良さそうな人たちが働いてるのが東京の大手町。川越の大手町にはなにがあるのか?

■新富町
 中央区の区役所がデーン!とあるのが東京の新富町。地図を見てたら職場から近かったので、仕事の移動中にちょっと寄ってきました。

次のページは霞ヶ関 >

つまり、どこまでも小江戸ってことです

 ずっと気になっていた、川越にある東京っぽい地名の数々。この機会にまとめてレポートを作る事が出来て僕は満足です。満足過ぎます。

 主に自分の満足のために書き殴ってしまいましたが、わずかにでも感心してくれる人がいたら、それで十分にしあわせでございます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

川越の南大塚。新宿から歩いていったら遠かった。

川越の南大塚はホルモン焼き屋さんが多い。

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation